昨日   2000年02月11日  明日

驚きました。そして、ちょっと嬉しくなりました。それは、東山のズリ置き場が、まだ燃えていたことです。雪を溶かし、氷点下の空に、ゆるりゆるりと、煙を上げていました。

町は、あちらこちら、変わりました。そして、変わっていないところもあります。一小の校庭の木が、随分伸びました。けれども、一中の校庭のポプラは、一本切られていました。そんな時代の変遷の中、ずっと東山の火は、消えないでいたということが、僕にはとても心強いことと感じらたんですよ。

では。息子より。

昨日     明日