2000年02月18日

昨日の雪は今日も残っていて、約束通り、みんなで「雪の学習」をしました。本当は、図工ということで、日向の雪で何かを作るつもりをしていたのですが、ゲレンデを滑り降りるほうが人気で、すごかったです。みんなお腹で滑るんです! 「ほら! 泳げる!」とか、「ペンギンみたいでしょ〈ちょうど国語の説明文の学習で『ペンギンの子そだて』を学習したところなので...〉」と、本当に感動させられました。僕が、夕張で子ども時代を過ごしていた頃は、こうは滑れませんでしたね。もっとも、こちらは粉雪でないから、できるのでしょうが...

午後は、一日入学。来年度は10名の1年生が入学予定です。僕は、絵を描くこと担当だったのですが、みんななかなかの大人で、これまた感動しましたっけ。今日初めて会ったYちゃんが、すぐに僕の絵を描いてくれたのは嬉しかったな...

明日は、仙台市太白区の市民センターで、「男のための愉快な関係学」講座のコーディネーター〈ファシリテーターって言うそうですが〉をしてきます。どんな一日になるかな?

日曜も、会議や介護が入っています。来週には、電話したいと思っていますよ。では、お休みなさい。息子より。