2000年07月12日

今日の3時間目に、久しぶりに遊歩道に行きました。夏の森観察のためです。予想通り、うっそうとしてました。ユリが大きく、少し妖しく輝いていました。キイチゴがなっていて、食べました。春のものよりも、紅色のキイチゴです。糸トンボ(子どもたちは、神様トンボと言います)を捕まえたり、巨大キノコに喜んだり、きれいな蜘蛛をかわいがったり、足長ハチの巣観察をして、過ごしました。今日は、半ズボンだったので、深いところまで行きませんでしたが、2学期には、盛夏の森観察に行く予定です。上の写真の左側は、実は道なんです。ウルシの親戚のヌルデがいっぱいあって、今日は遠慮しました。今度、長ズボン体制で、みんなで歩きたいものです。

通信簿の季節です。本当は、こんなことしている時間はないはずなんだけど... 。そういえば、高校生の頃、期末テストの前になると、きまって本棚の整理とかをし始めたりしていましたっけ。人間、なかなか変わらないものです。