2001年01月10日

今日の3・4時間目に、みんなで雪合戦をしたり、かまくらを作ったりしました。夕張の雪と比べると、こちらはしっとりしているので、かまくら作りには打ってつけです。正直言って、かまくら作りをしたいのは、もっぱら僕で、みんなは雪合戦をしたり、雪の校庭でごろりとしたり、埋めっこしたりしていました。

目指すのは、4年生全員(10人)が、わらべうたの「さらばたし」をできるくらいの広さのかまくらでした。僕は、頑張りました。まあまあいい線まで行きました。屋根が落ちると恐いので、天井は薄く作りました。少し、薄すぎるところがあるので、少年たちに埋めてもらいました。中からも、上からも、そして...ああ!という間に、脚が抜けちゃいました。上の写真が、そのときです。その後、紫のスキーウエアーの少年が、もう一つ、どうしようもなく穴をあけちゃって、おしまい。彼曰くに「まあ、だれにもけがが無かったんだから、よかったじゃないの」。ふ〜む、そうなんだけどさぁ...。

なんか、3学期が始まった!という1日でした。