2001年01月11日

今日は、木曜日。業前時間に、縦割りで遊ぶ日です。僕の班は、外に出ました。校庭は、真っ白。しかも、雪が凍っているので、埋まらず、雲の上の気分です。僕は、みんなより体重が重いので、ときどき埋まっちゃいますが、みんなはすいすいです。ちょうど、夕張の旭町の奥に犬のコロと散歩に行って、キツネは雪の上をすいすいと走るけれど、コロは、埋まりながら、かっこわるくもがいていたときに、似ています。

そんなときに、うれしくってはしゃぐ少年が、逆立ちしたので、パチリ。彼は、僕が雪にずぶっと埋まるのがうれしくて、おんぶばかりせがんでいましたっけ。