2001年01月19日

ああ、バイクで、どっか遠くに行きたい! 

うんとそう思います。バイクなら20分で行ける学校まで、四輪車でだらだらと渋滞をくぐり1時間も時間をかけて学校に行きながら、いくらお気に入りの矢井田瞳を聴きながらでも、CDを一回りしてもまだ四輪車の中という毎日には、本当にいらいらします。

僕は、雪が好きです。冬も好きです。でも、密室に閉じこめられる日々はなんとかしたいものです。

今、とっても下北に行きたいです。なんでかなぁ。テントで朝寝坊をして、ぐだらぐだらと、おひさまに「もうしわけねぇっちゃねぇ」といいながら、屋外で歯をゆっくり磨く...そんな時間を、何とかゲットしたいんだなあ。そう! バイクを倒しながら、ゆるい峠道を行く感覚。雪に罪はないけれど、無性にバイクに乗りたいです。

上は、2000年夏の北海道。礼文華の峠を越え、長万部までもう少しというところです。カモメがいっぱい飛んで、波が、人の作ったものに遮られずに、揺れていました。僕は、カモメと一緒に、大きな声を出しました。