2001年04月26日

鳴瀬川

今日も、家庭訪問の日でした。同世代のおうちの方が、ここ数年多く、仮面ライダーの話なんかしたりしました。いろんな意味で、勉強になる家庭訪問です。仕事をしていて、しんどいこともあります。けれども、僕自身を豊かにする仕事なんだよなぁと、感じるこの頃です。

かつて担任した少年少女も、もう二十歳を過ぎ、そのうちの何人かは、教職を目指していると、先日メールを頂いて知りました。そんな彼女らには、なんだか妙に響いたり、ショックかもしれませんが、かつての僕は、こんなに教職を続けるとは、思っていませんでした。楽しいし、子どもも好きなのですが、もっともっといろんなことをしたいって、思っていたんですよね。そして、結構不向きな性格って、自己分析していました。なのにあれやこれやという間に10年以上この仕事を続け、たくさんのテストの○つけをして、たくさんの通信簿を書いて、たくさんの別れの涙を流してきて、なんだか、この仕事を、ずっと続けていくことを幸せに感じている僕が、今のところいます。僕は、これから、何件のおうちを家庭訪問するんだろうなあ〜。

上の写真は、昨日の家庭訪問中、ぽっと空いた時間に、鳴瀬川を見に行ったときに撮ったものです。この連休、一日くらいは、魚に遊んでもらおうって、思っていますよ。