昨日へ     2001年05月22日     明日へ 

今日は、雨。だから、1・2時間目に予定していた運動会の全体練習は、明日に延期。なんだか普通に過ごした今日でした。

放課後、久しぶりにギター弾きながら、残っていた4・5・6年生と、歌ったりしました。一緒に歌の本をぺらぺらめくりながら、だらだら歌うのって、楽しいとか嬉しいとか言うより、幸せって感じ。みんな、ありがとね。「じゃあ、次、ヤイコ、いこか」という僕に、教育実習のy先生が「若い!」って言ってましたけど、僕、ヤイコ(矢井田瞳)大好きです。先日、DVDも買っちゃいましたよ。

上の写真は、5/6の下北の六ヶ所村、泊の集落の出口にあった人形です。ぱっと見て、はっと思いましたよ。多賀城にある東北歴史博物館に展示です。わら人形の民俗学。集落を守る神なんですよね。

管理されたり、支配されたくない僕は、自由がいいんです。整頓される対象になりたくないし、そんなことする奴は、いてほしくない。みんな、自分の暮らしを選び、拓き、互いにそれを認め合えるといい。しんどいときは、頼りあい。助け合い。原始時代が理想なんです。だから、僕は、自由主義。自由(競争弱肉強食)主義と一緒にしてもらっちゃあ、迷惑です。共産主義とか、社会主義とか、ましてや全体主義ってのも、なんか肌に合わず、あえて言うなら、無政府主義かな?

そんな僕なんですけど、どうも上の写真みたいな、民衆レベルの伝承は、好きなんです。いいんです。どうしてだろう? このへんに矛盾があるかどうかは、ひょっとすると「家制度」「戸籍制度」を問う上では、重要な鍵を握っているかもしれませんね。別姓通信にも、何か書きましょうかね。

去年の今日