昨日へ    2001年06月24日    明日へ 

今日は、ひっさしぶりに、ゆっくりと起きました。そういえば、夏至を過ぎたんだなぁと思いました。僕は、夏至と冬至をいつも気にします。夏至が来ると、夏休みが近づくことを喜びつつ、短くなる昼に、せきたてられる思いを持ちます。冬至が来ると、カボチャの甘さを恋しく思いつつ、春が遠くないことを信じようとするんです。

さて、昼からバイクで花山に行きました。釣りをするためです。先日、合宿のときイワナつかみで逃げただろう諸君を針に掛けてやろうという思惑を持ちながら、いつになく調子良いバイクを、花山への峠で寝かせたんです。

いつもよりも、下流から入りました。川虫を捕ろうとしたのですが、全然いません。みんな、羽化しているんです。わずかばかり川虫入れに入れ、川を登り始めましたが、いっぱい走るイワナくんを見つつ、全然釣れませんでした。川虫を捕ろうと思って出した網に入っちゃったイワナくんを除くと、思いがけず釣れちゃったハヤ1匹のみ。まあ、昼ってこともあると思いますが、久々の坊主です。上の写真は、ずっと僕の回りを、はたはたと飛んでいたトンボくんです。

僕は、あんまり追究せずに、3時間ほどで、川を上がり、遠回りして帰ってきました。なんか、とっても不完全燃焼な土日ですなぁ。

夕方帰ってきて、思いがけず昼寝(夕寝)をしてしまいました。花山合宿で、串を作るためにどうするかって考える夢を見ました。まだまだ、余韻なんだなあ。

去年の今日