昨日へ    2001年10月28日    明日へ

前任校の学芸会

今日は、前任校の学芸会の日。あんまり早く行くのも、よくないかなぁとか思ってい、ギターをちょっとだけいじっていました。そろそろええかなと四輪車のハンドルを握り、岩出山に向かいました。予想外に、鳴子への国道は紅葉刈りの車で渋滞し、結構遅れて学校に着きました。ごめんなさいです。

実は、転勤して、前の学校の行事を見るのって、初めてなんです。以前の学校が白石・蔵王方面と離れてしまったこと、そして運動会の場合、今の学校と同じ日に運動会開催だったためです。何か、とても新鮮でした。たくさんの保護者の方とお話ができました。子どもたちとは、もちろんです! 心配なこともいろいろありますが、誰しも独りぼっちじゃあないですから、何とかなるさと思います。まあ、転勤しても、力を出さなくてはならない場面では、登場しなくちゃなあと、考えましたが。

本当は、帰り道に川渡温泉か、中山平温泉に入ってくるつもりでした。でも、渋滞がひどいのでやめました。かつての通勤路、天王寺方面を走ったら、雑貨屋さんのところで、卒業生が二人いました。道端でカップラーメンを食べていました。僕は車を降りて、あれこれ二人と話しました。二人とも、さすがに中学校を卒業して、かっこよくなりました。ふらふらしているのかもしれないですが、中学生の頃の不安定さとは、ちょっと違うかな。もう数年で、大人同士の付き合いなんだなあと、感じましたよ。通りがかりの車に、またまた卒業生。わざわざ止まってくれて、どうもありがとう。成長した少年少女に会えるって、とても幸せです。

結局、色麻のかっぱの湯に行くことにしました。右手の関節炎がひどいのです。温泉がいいだろうと思って。でも、行ってみたら、これまた満席状態。帰ろうかと思ったのですが、かっぱの湯の旧館があったことを思い出し、行ってみました。狭いけれど、空いていて、しかもお湯の質がいいようでした。循環させていないので(露天風呂)、まんずOK。1時間半、ゆ〜っくり浸かりました。

梅雨のような細い雨が降っています。遠い山が雲で見えない秋。衆議院議員の補欠選挙の投票に、古川高校に行ったら、桜の木が、いい感じで色づいていました。

去年の今日