昨日へ    2001年11月02日    明日へ

持久走大会

今日は、持久走大会の日でした。走るのが、得意な子も、苦手な子もいます。だから、朝は早めに教室に行き、みんながうまいこと走れるよう、雰囲気作りにちょいと努めました。

僕は、走るのが大嫌いでした。夕張第一小学校でも、マラソン大会がありました。グラウンドを一周して...あれ?、どこを周ったんだっけ?...今残っている記憶は、とにかくどこかを走ってきて、僕は最後から何番目かというかなり後の方だったんです。歩道橋の下を通り、グラウンドに戻ってきてから、本当は一周してゴールするはずだったのに、一周せずにゴールしてしまったという記憶。ゴールしてから、そのことに気付いたんです。やばいっ!って思い、もう一度一周して来ようかと思ったところ、最後のランナーSちゃんが、グラウンドに入ってきました。最後の一周を走る彼女に大きな拍手が広がり、出るにでられぬ自分。辛かったです。誰にも
「おまえ、ずるをしただろ」
とは言われなかったのですが、すごく気まずかった。もともと走るのが嫌いなのに、より一層走ることが嫌になっちゃいました。

ちなみに、夕張第一中学校のマラソン大会は、Mtレースイ国際スキー場のゲレンデを周ってくるものでした。昭和グランドを周り、六丁目の坂を登る頃には、もうすっかりみんな行ってしまい、辛かったです。スキー場への橋を渡ると、ズリ山から出るオレンジ色の石の道。足の裏に、辛かったです。写真部のY先生が、橋のところで撮ってくれた写真が、今も残っています。辛そうな走りの僕は、その頃背が高く、自分自身「ウドの大木」と自嘲していました。清々しくない少年だったなあ。

さて、今通っている小学校の持久走大会。5・6年生は3kmのコース。みんな、いい感じで走りました。僕と一緒に走ってきたHちゃんは、とくに頑張ったなぁ。努力を重ねて、緊張も重ねて、そして
「私、頑張った!」
って、素直に言える姿、いい感じ。感動でしたよ。ちなみに、驚くほどたくさんの応援がありました。平日なのに、地域の方がたくさん来てくれたんです。子どもたちにとっては、はげみになりました。ありがとうございました。

ブラスバンドを見るみんな。

昼休み、ブラスバンドの発表がありました。4日にいろいろな学校のブラスバンドの交流があり、そこで発表するものを、まずは全校に披露というわけです。3〜6年のブラスバンド部の人たちもいい感じでしたが、校庭の草っぱらにいろんな学年混じって、見ている様子も、ちょっとよかったな。じやれついて来る1・2・3年生、かわいかったなっ。

去年の今日