昨日へ    2001年11月03日    明日へ

「はっちゃん」ことXLR80R

今日は、朝から「別姓通信」の編集作業と、総合的な学習の時間(校内研究)の指導案書きのため、Macの前に座りっぱなしです。先日のバイク接触事故で破損したところの部品が、南仙台のお店に入ったとのことでしたが、修理は後回しにして、今日はずっと家にいる予定でした。

ふと、珍しく家にいるのだから...と、ずっと放置していた、鍵をなくしてしまったバイク(「はっちゃん」ことHONDA XLR80R)と、エンジンがかからない連れ合いぴよさんのバイク(「まろちゃん」ことSUZUKI マローダー125)を、近所のバイク屋さんに修理に出すことにしました。バイク屋さんは、以前お世話になったこともあり、僕のことを覚えていてくれました。ちょっと嬉しい。

さて、持っていってもらってしばらくしてから、電話があり、お店に行きました。はっちゃんのキーは、まろちゃんのタンクの裏に引っかかっていたとのこと。なんてこった! ちょいラッキー。すぐに乗れることになりました。まろちゃんは、キャブレターの中でガソリンが腐っちゃっていて、ちょいと入院。来週にはなんとかなるようです。

僕は、はっちゃんを受け取り、すぐに走り出しました。いゃあ〜、嬉しい! めちゃめちゃ小さなはっちゃんなのですが、元気いいんです。新しいバイクが手に入ったときの嬉しさに、動かなかったマイバイクが動くようになった嬉しさ、そしてひょんなところからキーが出てきた嬉しさが、ミックスされて僕は上機嫌です。重い曇り空の下、沖縄そば屋さんのところから田んぼ道を東に走り、田尻。蕪取沼で渡り鳥くんたちを見ようと思ったのですが、一応仕事もあるなぁと、駅までにして、小牛田を廻って、古川に戻りました(はっちゃん復活記念に、矢井田瞳=ヤイコの新しいアルバムを買いました!)。

はっちゃんは、BMWのRGSとは、やっぱり違います。排気量も、1/10以下。重さも、ホイールベースも全然違います。まるで、短いファンスキーに乗っている感じ。ひらりひらりどころか、ひょいひょいとよく曲がるんです。マシンを傾斜させてカーブするのが大好きな僕は、このショートホイールベース感覚が、うんと快感なんです。BMWのRGSは、どこまでも安定して遠くに楽に連れていってくれるバイク。安心ということは、危うさがないということ。それっていいことなんだけど、ときどきドキドキしたくなるんだよなっ。だから、ホイールベースが短くて、トルクがうんとあるBuellのバイク(ハーレーのエンジンを積んだ戦闘的なロードバイク)に憧れているんです。試乗もしたことあるけどだ、よかったんだなあ! でも、はっちゃんで十分。この軽さは、Buellどころじゃありません。はっちゃん、冬もまたよろしくです。足がべたべた付くバイクだから、ちょいと安心です。

田尻の空。渡り鳥くんたちの群。

ところで、田尻から小牛田へ行く道で、渡り鳥くんたちをいっぱい見ました。編隊をなして、今夜のねぐらを目指す群は、めくるめく姿を変える星座のようでした。きっとオーロラって、あんな感じなんだろうなあ。冬が、もうすぐです。

去年の今日