昨日へ    2001年11月21日   明日へ

 2000.03.31.ピサ

国語の教科書(東京書籍)にマザーテレサの伝記が載っています。今日から、その読み取りを始めています。今日は、初日だったので、僕が全部を音読し、みんなが感想を書くという時間でした。...だいたいどの単元でも、そんな始まり方なんです...。みんなは、僕が思っていたよりも、マザーテレサに惹かれるらしく、さっそく図書室で本を見つけて読み出す人もいたぐらいでした。

みんなの感想の中には、
・今でもインドでは、同じ(死にそうな人が放置されている)なのか。
というものも、ありました。10歳の子どもたちは、子どもたちなりの「同時代」を意識しているんですよね。なんとなく、嬉しい。頼もしい。

世界は、広いです。いろいろな人がいて、いろいろな人の住む町までは、たくさんの川を渡らなければならない。でも、いつかも書いたけれど、月まで行くよりも、ずっと近いんですよね。僕が、一緒に教室で過ごす少年少女が、世界のたくさんの人と出会っていく...そんな青年になることを、今日、夢見たりしましたよ。

今日の一枚は、2000年3月31日のイタリア・ピサの駅です。僕は、連れ合いぴよさんの妹さん(当時イタリア在住)に、切符の買い方を聞いて、とりあえず一人ピサそしてリボルノに出かけたのでした。何となく「見る前に跳べ」って感じ。国境なんてなくなればいいのに...と思う僕は、もっともっといろんな人と出会いたい気持ちでいます。

去年の今日