昨日へ    2002年01月26日   明日へ

2001_0820.蔵王のお釜

今日は、暖かでした。僕は、昼過ぎに、バイクのエンジンを掛けました。セローくんと、はっちゃん。GSは、先日動かしたので、お休み。セローくんで、近所をぱぱぱと走りました。やっぱり、四輪車よりも、自由だぁ。僕は、自分の家に帰ってきた気持ちになりました。

夕方近くに、四輪車で仙台に向かいました。大河原で、登川誠仁さんのコンサートがあり、知念さんのコンサートでお世話になった美術工房のお二人と一緒に行くことになっていたんです。

登川誠仁さんは、やっぱり思っていた通りの方でした。よかったです。ああ、ブルースだなあと、しみじみしました。魂に、浸みました。沖縄民謡の第一人者。語りも、よかったです。君が代をあんな感じで演奏していて、僕はとても感動しました。多くを語らなくても、沖縄の歴史を、人間の暮らしを、登川誠仁さんは、伝えていたんですよね。司会者が、若干言葉が多くて、少し辟易しましたが、最後には、僕もステージで踊りました。登川誠仁さんとスタッフの皆さんに、感謝です。

帰り道も、美術工房のお二人と一緒でした。行きと帰りと、いろんなお話をして行きました。楽しかった。やっぱり、出逢いは大切です。出逢うために、ちょいと外に出るってこと、お爺さんになっても続けていきたいです。

今日の一枚は、去年の8/20の蔵王のお釜。ふらりとバイクで行きました。ああ、早く夏休みになんないかなあ。