昨日へ    2002年02月04日   明日へ

豆まき集会

今日は、豆まき集会の日でした。縦割り活動の反省会も兼ねているので、5年生は本格的リーダーとしてのデビューの日でした。みんな、朝から結構緊張気味で、何かかわいかったなあ。豆を分けたり、班ごとに車座になっての話し合いを進めたり...。いろいろ失敗もあったようですが、まずは誉めたい気持ちになりました。そして、きちんと誉めましたよ。さあ、明日は総合学習の3学期発表会。そして、6年生を送る会・卒業式の準備が、始まります。

そんな今日の放課後は、仕事はあるものの、会議はなく、みんなと一緒に教室で過ごしました。ギターの練習に付き合ったり、総合学習の発表準備にアドバイスしたり、ただたんにじゃれあったり...。そんな時間を過ごしながら、僕は、いつも「学校で勤めていて、よかったよなあ」と感じます。幸せです。みんな、どうもありがとねっ。

国語で、詩の暗唱をしました。今日でまずは、おしまい。明日から「注文の多い料理店」の読み取りに入ります。そして、修了式間際で、またこの詩を、みんなで読む予定です。いい感じの詩なので、載っけておきますね。

生きる

谷川俊太郎

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれるということ
いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ