昨日へ    2002年02月09日   明日へ

鳴子・上野々スキー場

昨日の夜、新幹線で着いた千葉の甥っ子、HくんとTちゃん。今日は、彼らと4人で、鳴子の上野々スキー場に行きました。雪は思っていたよりもありましたが、風が強く、またゲレンデは凍っていて、決していいコンディションではなかったんです。でも、二人とも頑張りましたねぇ。Hくんは、一人でリフトに乗って、滑って降りてくるのはもちろん、いわゆるパラレルターンの一つ手前までできるようになりました。Tちゃん用に、そりも借りていたのですが、彼も頑張りましたよ。止まるポーズを、がりがりのゲレンデで修得し、リフトにも乗りました。いろんな経験をしていくって、大切。そのお手伝いができて、僕も嬉しいです。

夕飯は、家でカレーライス。みんなで作りました。夕飯後、雪の中の露天風呂体験のために、薬師の湯に向かいましたが、地吹雪がひどくて、かっぱの湯に変更しました。露天風呂に入った二人は、地元のおじいさん方から
「どこから来たんだ?」
などと、いろいろ話しかけられたって言っていましたっけ。

実は、去年も同じように二人は来ました。今回は、2回目なんです。彼らを迎え、わいわいと過ごしながら、僕は、利尻の蘭泊で過ごした少年時代の夏の日々、厳しく温かく接してくれた漁師のおじさんのことを、思い出しています。あのときのおじさんと、今話がしたい気持ちです。