昨日へ    2002年02月22日   明日へ

 古川駅前

今日は、久しぶりに古川駅前で歌いました。いつもは、カモメくんことSeagullというギターなのですが、かもめくんは教室在住。とっておきのGibson L00の街角デビューでした。

歌うのって、今日の学校帰りに思いついたんです。そんでもって、アパートに帰って、すぐにギター持って歩いていって...歌う曲もよく考えていなくて、とりあえず去年の夏にやっていたときと同じ感じで、吉田拓郎の「落陽」やら、豊田勇造さんの「大文字」なんかを、歌いました。ハーモニカもぶら下げていたんですが、ここのところず〜っと吹いていないので、めちゃくくちゃ下手くそ。がっかりしました。

ここのところの練習曲は、スピッツばかりなので、スピッツの曲を歌いました。夕飯前だったので、小1時間といったところでした。「空も飛べるはず」「ロビンソン」など定番系に、「ナナへの気持ち」「ジュテーム」などのお気に入り系をプラス。おまけに、小林旭の「熱き心に」なんかもやりました。やっぱり、気兼ねなく声を出せるって、気持ちいいです。

上の写真は、夕飯をそろそろ食べようと迎えに来てくれた連れ合いのぴよさんに撮ってもらいました。ギターケースの上の花も、彼女から。花の横には百円硬貨が二つ。車を待っている間に聴いていてくれたお姉さんから、200円をいただいたんです。歌っているときだったんで、
「ありがとう」
って言っただけで、歌い続けた僕でした。水色のコートのお姉さんは、小走りに迎えに来た車に入っていきました。嬉しかったです。どうもありがとう、水色のお姉さん。