昨日へ    2002年03月02日   明日へ

20020227松山町下伊場野・鳴瀬川

今日は、えらく長い一日でした。

珍しく夜中に目を覚ましてしまいました。夢を見たんです。長い夢でした。学生時代に好きだった女の子が出てきました。白い山羊が出てきました。そんな夢。何だか歌になりそうだなぁと布団の中で思ったら、書かなくちゃいけない気になってきて、起きあがって、Macちゃんの前でキーを叩きました。このまま起きていようかとも思いましたが、布団に戻りました。目をつぶって、目を開けたら、朝になっていました。

今日は、学習参観日だったんです。朝、風邪でお休みしている人もなく、3月の席替えをしました。今年度最後の席替え。やっていたら、おうちの方が来ちゃいました。まあ、席替えの様子を見てもらうのもいいでしょうと思い、そのまま続行。1時間目の始まりを少し定刻より遅れて、参観授業のデイベートを始めました。今回のテーマは「宿題と自主学習では、自主学習のほうが、力がつく」でした。賛成・反対に各6人、判定をする人3人。どうも、反対の側の旗色が悪かったものの、まあみんな頑張りましたよ。判定をするのが、2時間目にかかってしまい、おうちの方が体育館(PTA総会)に行った後だったのが、残念でした。

2時間目を終え、すぐに「さようなら」。残っていたみんなとトランプをしていたら、おうちの方が戻ってきて、学級懇談。みんなの成長について、お昼過ぎまで話し合いをしました。何ともアットホームな感じで、僕は安心して1年を過ごすことができました。おうちの方に、感謝です。この1年、担任の僕はたくさん失敗をしました。ごめんなさい。申し訳ありませんでした。

アパートに戻ってから、銀行に行く用事がありました。銀行から帰ってきてから、遅いお昼ご飯を食べて、疲れたので、ひと眠り。1時間眠って、新幹線に乗って仙台。写真家宮崎学さんの写真集を、探しに大きな本屋さんに行ったのですが、見つかりません。残念に思いながら、地下鉄で長町に向かいました。

今日は、太白区中央市民センターで「男性のための土曜サロン〜40歳からの自分探し〜」の最終回だったんです。コーディネーターの仕事です。6時半からなので、6時には到着。1月の初回も僕がコーディネーターだったので、参加者の皆さんの顔ぶれ・雰囲気は、分かっていて、少し安心。でも、進め方についての打ち合わせが、昨晩だったため、流れについては、若干不安がありました。

今までの講座の中身を振り返りつつ、「いい人」「いい男」「いい女」というキーワードで、みなさんにいろいろ話してもらいました。世代も、考え方もいろいろなので、すっきりとは流れません。途中、どう進めようかと、迷うこともありました。コーディネーターとしては、...相手あっての人間関係。相手のとらえ方と、自分のとらえ方とは、ときには異なりますよ。相手を理解するためには、いろんな角度から考えたり、想像したりしなくちゃね...という感じに持っていきたかったのですが、すっきりした感じで終わることができませんでした。皆さん、申し訳ありません。でも、途中のティータイムで「からくりこらむ」のことを話しかけて頂いたり、終わってから「今度飲みましょう」とお誘いを受けたり、「コンピュータの練習しているから、うまくなったらメールを送ります」と言われたり、握手を求められたり、今回も皆さんから温かさを頂きました。人生の先輩方に、本当に感謝です。

最終新幹線で帰ることになりました。40分も待つことになったので、コンビニで、焼きそばパンと恵比寿ビールを買いました。ホームに行こうとしたら、改札口を入ってすぐの椅子のところに、男性が寝ていました。結婚式帰りのようです。泥酔しているようです。ちょっと気になりましたが、僕はホームに上がり、ビールを飲みました。ここのところ読んでいる大熊ワタルさんの「ラフミュージック宣言」(インパクト出版会刊)を読みながら、焼きそばパンをこぼさないように、ぱくっとしていました。けれども、何となく酔っぱらいの彼のことが気になり、階段を下りました。彼の横に座り、続きを読みました。新幹線が来る5分前になったので、「最終の時間ですよ」と声を掛けました。全く動きません。揺すりながら「最終に遅れちゃいますよ」と大きな声を出しました。「うう」と言いました。「遅れますよ」とまた揺すったら、「ああ」と言いました。仕方ないと思い、僕は一人階段に向かいましたが、やっぱりなぁと思い、もう一度戻って繰り返しました。彼は、僕と同じくらいの年齢に見えました。壽と大きく書かれた引き出物が傍らにありました。彼にとって、今日の結婚式は、どんなだったんだろうなぁと思いながら、いい加減、僕も遅れると困るので、別れを告げました。彼は、「うう」と言いました。その後、どうしたんでしょう...

新幹線で20分。古川までは早いものです。雪のない寒い夜。疲れているので、すぐに眠ろうかとも思いましたが、何となくごくろうさんの意味を込めて、さっきの恵比寿ビールの付け足しをしました。いやはや、ごくろうさん。

写真は、2/27の鳴瀬川です。松山町の下伊場野小裏の河原。以前、この時季と言えば、渓流釣りの解禁にわくわくしていたのですが、ここのところは何だか冷めています。山吹が咲く頃には、川に行きましょう。