昨日へ    2002年07月03日   明日へ

養護学校交流学習

今日は、養護学校との交流学習の日でした。町のバスで、養護学校に着いたのは、9時過ぎ。それから、お昼まで養護学校で過ごしました。

きちんと出会うことを、めあてにしていました。ちょいと抽象的かもしれませんが、見る・見られる関係では、出会ったとは言えなくて、互いに印象に残る、認め合える関係になってほしいと思いました。

はじめは、混合チームで、リレーをしました。その後、各学年ごとに、いろんな活動をしました。終わって振り返ると、僕の通う小学校の5・6年生も、なかなか清々しく活動していたなって感じでした。

差別をなくしていくための人間関係作り...それは、なかなか簡単ではありません。人と出会わずに、「障害」を理解したり、「差別」を理解するような「学習」が、ともすると成立しがちです。今回の交流学習が、果たしてどんなものだったか...不安はあります。けれども、今は、子どもたちを信じたいと、そう思っている僕です。