昨日へ    2002年09月08日   明日へ

 五箇山の子

今日は、何も予定が入っていない日でした。天気はよくないという予報でしたが、そんなに荒れているわけではありません。バイクで遠くに出かけようか、定善寺ジャズフェスに行こうか、温泉に入ろうか、久しぶりにシンガーして来ようか...といいながら、今日で全部終わらせようとしていたMac整理をしているうちに、昼過ぎになりました。夕方から温泉に行こうと心に決めて、あれこれと文書を作ったりしているうちに、夕焼け。結局、家にずっといた一日でした。まあ、来週は運動会の週なので、いつもよりも長く、きついです。だから今日は、あれこれと出歩かなくていいかなという気もしています。

出歩かなかった今日なので、何かいつもと違ったことがあってもいいぞと、お風呂に入りながら、缶ビールを飲みました。ああ、酔ってしまったよ...。

ピンク・フロイトの古いビデオを見ながら、いろんなインスピレーションが湧いてきました。

「平和を守れ」って、やっぱりなんか変なんだな。あえて言うなら「平和を築こう」。なぜって、まだ「平和」はありません。「平和」はどこにも確保されていません。今よりも悪く(今よりも不自由)にしないぞ!という決意はいいのですが、やっぱり「平和」は、まだない。僕だけの「平和」や、僕の町だけの「平和」、僕の島だけの「平和」って、ちょっと違う。う〜む、軍隊を持てば、より一層「平和」は、ないんです。

この夏休み、6年生に出した宿題に、こんなのを出しました。

音読みをしている言葉を、訓読みして、ことばの意味を表し直してみよう。
例・新聞 シンブン
きいたばかりの、あたらしいこと...など
右側に、音読みを書こう。 左側に、訓読みを書こう。
体育 音楽 食器 移動 悪夢 植物 登場 写真 怪盗    疑問 時間 司会 合宿 自由

「平和」なら、どんなふうに解けばいいでしょう。きっと、何かの辞典とかには書いてあるんだと思うのですが、僕のイメージは、みんなであれこれを合わせて(足し算の答えを和というじゃないですか)、みんなのしんどさなどを平らにする...って感じです。平らにするときに大事なのは、平らにされるんじゃなくて、平らにするということ。誰かにローラーやアイロンを掛けられるんじゃなくて、自分たちで、はいよっと分け合うイメージなんです。誰かが権力になっちゃうと、もうそこで駄目かもしれないなぁ。

「平和」は、安定ではないから、常に注意していないと、おかしくなっちゃう。人間は、弱いから、仲間に支えられていないと、ずるくなっちゃう。完璧な安定を準備するよりも、日常の中でこつこつと前進していきたいもんです。

ああ、いつになく、なんか抽象的なこと書いてしまったなぁ。

写真は、1999年の夏に、初めてGSに連れて行ってもらった五箇山での一枚です。この子も、きっと大きくなったろうなぁ。