昨日へ    2002年09月21日   明日へ

新宿梁山泊仙台公演

今日は、本当は一つ仕事が入っていたんです。そのために、若干準備をしたのですが、先方の都合でキャンセルになり、残念。まあ、こういうこともあるもんです、ふぅ〜。でも、いっぱい仕事がたまっているときだったので、かえってラッキーだったかもしれない...そう考えることにしてます。

夕方、バイクで仙台に向かいました。西公園で、新宿梁山泊のテント公演があったんです。「吸血姫」(原作・寺山修司)。僕は、テント芝居が好きです。憧れがあるんです。アウトローで、自由で、深いところをえぐる感覚。もう随分前になりますが、西公園で、今は無き「風の旅団」の公演を観ました。あのときは、圧巻だったなぁ。

さて、今日の公演は、なかなかよかったです。思ったよりも、味が濃くなくて、悪く言えば商業っぽかったです。さらさらの血液じゃないほうが、もっとよかったなぁ。また、芝居をしたい気持ちになっています。まあ、実際には、56年生の学習発表会での劇を、どんなものにするか、考え中の僕としては、ん〜、揺すぶられた感じだかな。

踊るあほぉに観るあほぉ、同じあほなら、踊りゃな、そんそん。

芝居も、歌も、また然り。