昨日へ     2002年11月18日   明日へ 141は、クリスマス

今日は、午後から仙台に向かいました。給食は食べずに、バイクで仙台地裁を目指しました。久しぶりのバイク。厚着をしていたので、あんまり寒くもなく、すいすい行きました。今日は、戸田さんの裁判の日。被告側(行政側)の証人尋問でした。戸田先生を学校現場に戻す会のニュースに載せた傍聴感想文を転載しますね。

 11/18に、公判が仙台地裁でありました。今回は、被告(多賀城市・七ケ浜町)側の証人尋問です。証人は、松島野外活動センター支援班長。昨年度、戸田さんを指導する立場にあった人です。傍聴席は、ほぼ満員の40名ほど。多賀城市教委に申し入れをしたときの課長さんたちも、来ていました。また、県教育研修センターの教職班長さんたちも、来ていたようです。
 前回の証人尋問も、痛快なものがありましたが、今回もなかなかでした。初めに、被告側の弁護士が尋問をするのですが、要旨としては、戸田さんが研修に熱心でないことを、何とか明らかにしようというものでした。具体的なこととして、
・松島野外活動センターで主催する行事のときに、休んだことがあった。
・子どもたちとの活動で、海に行った。そのとき、子どもたちは、カップラーメンを食べた。戸田さんは、おいしそうだなと声を掛けた。子どもが、食べる?とすすめたが、戸田さんは食べなかった。
・同じく海での活動。ある高校生が、戸田さんに話しかけた。受け持たれたことがあるとのこと。戸田さんは、その高校生のことを覚えていなかった。ごめん、覚えていないという戸田さん。その後、とくに会話が弾まなかった。
これらをもって、意欲がない・子どもへの愛情がない...と、訴えていました。まあ、被告側の弁護士の尋問ですから、予定通り・練習通りだったのではないかと思います。
 さて、原告側の弁護士からの尋問です。まずは、年休について。弁護士さんは、年休を取ることが問題なのかを問いただしました。年休の時期変更権を行使していないことを確認しました。また、年休の消化を県としては、むしろ認めていることも確認しました。結果、年休・特休を取ることが、何ら問題ないことが明らかになりました。証人は、かなり追いつめられ緊張もしていたのでしょう。つい「教育上、子どもに影響があるので、年休は夏休みなどに取るべきだと思う」と言っちゃいました。おまけに「他の教頭なども、同じように考えていると思う」と付け足しました。何てことでしょう! でも、これが実態なんですね。正されるべきは、このような労働法無視の現場なのではないかと、考えてしまいましたよ。
 原告側の弁護士が正したのは、証人自身の指導のありようです。カップラーメンの件や、教え子の件について、食べたほうがいいとか、名前を思い出せなかったらどんな話をするとよいなど、何か戸田さんに話したかを問いました。答えは、ノーでした。問題であるというあれこれについて、指導すべき立場であるにも関わらず、何も指導をせず、そして法廷でこんなエピソードがあった=問題だ...というのは、何と非教育的なことでしょう! 「指導力」を問われるのは、戸田さんではなく、むしろ別な人たちなのかもしれませんよ。
 「(松島野外活動センターでは)本人の不適格さが隠れてしまう」という発言がありました。戸田さんの「不適格」さとは、具体的に何かと言えば、年休行使と服装なのだそうです。松島では、休暇を取りやすいので、休暇を取るという「不適格」な行動が、隠れてしまうということでした。休暇を取ることは、いけないことなのでしょうか? また、学校で「不適格な服装」でも、松島では「不適格な服装」にならないようなのです。むむっ、「不適格な服装」とは、どんなものでしょうか。あなたは、あなたの職場に「適格」な服装をしていますか? 
 戸田さんの意欲のなさについて、こんなことも言われました。行事のある日には、他の人ならいつもよりも早い列車で来るのに、戸田さんは違う。戸田さんは、指導書を自分で買おうとしない。研修への意欲が疑問である...などなど。いやはや、県下の学校には、行事のある日にいつも通りに出勤する人は、いっぱいいます。指導書を持っていない人だって、いっぱいいます。これは、もう! みんなして長期特別研修へゴー!です。そうそう、指導者もまた、指導していないので、「不適格」になっちゃいますね! こりゃあ、大変だぁ!?
 証人尋問は、これでおしまい。次回は、もう結審です。公判の内容的には、勝っています。でも、それがストレートに判決に結びつくとは限りません。法廷の外、すなわち私たちの生活の場で、世間で、戸田さんの裁判への理解を、より一層求めていきましょう。戸田さんの4月からの現場復帰、そしてあらゆる学校現場が、もう少し風通しがよくなり、あくせくせずに人間らしい暮らしを送れるよう、活動を進めて行きましょう! 一段と寒くなってきましたが、これも暖かな春のため。みんなで、愉快にいい感じの雰囲気を広げていきましょうね!

上の写真は、141の吹き抜けです。すっかりクリスマスモードでした。