昨日へ     2002年11月30日   明日へ

夕張・本町
今日は、朝早く起きて、たまっていた日記をまとめ書きしました。いやはや、先日「ずっと更新しないでいてごめんなさい」と書いたのに、その後もずっと更新していなかったんです(まあ、ご存知の方は、ご存知の通りです)。どうもすいませんでした。言いわけとしては、やはり忙しさです。学校でもそれなりに全力投球して、帰ってきて、連れ合いのぴよさんと一緒に夕飯作って食べて片づけて、お酒も少々。お風呂に入って、ギターをちょっとだけ鳴らしたら、もう9時。9時になったら、ギターはおしまいなんです。それから、メールチェックをして、そろそろお休みなさい...そんな感じ。たいがい10時前には眠っています。夏の頃は、朝早くに起きて仕事ができたのですが、ここのところ疲れが貯まっているのでしょうか、起きると6時です。それからだと、メールチェックをして、その日の学校仕事の準備をして、朝ご飯を食べて、出勤...。そんな感じになっちゃうんです。土曜日曜がフリーなら、あれこれできるんでしょうが、ここのところ、スケジュールが入りがちで、しかも原稿を書いたり、ちらしを作ったりの仕事で、時間がありませんでした。いろんな方から、更新まだですか?のメールをいただきました。いつもありがとうございます。そして、お待たせしました。先日は、都城から電話までもらいました。いやはやびっくりしましたよ、パパイヤさん。

さて、今日は昼から仙台でした。戦災復興記念館で「日朝の真の友好関係を考える仙台集会」に参加したんです。講演は、報道と人権の会・世話人の山口紀洋さん。演題は「拉致報道が隠す《未精算の過去》」。日本と朝鮮の関係について、歴史的な面から、また報道機関(新聞社)で仕事をしている観点から、とても整理された丁寧なお話でした。質疑で、事態に関する発言がいろいろあったのですが、僕としては在日の方のお話が聞きたくて、その旨発言しました。さっそく朝鮮学校の先生、生徒さんが発言してくれました。嬉しかったです。きちんと人と出会わなくてはいけないと、今日も感じました。差別は戦争を呼ぶと、今日も感じました。日本人の拉致問題で、在日の方が攻撃されるのを、僕は黙って見ているわけにはいかないと思っています。アメリカが、アフガニスタンを爆撃しても、ディズニーランドにはきっとお客さんが集まるんだろうなぁと思います。何だか、変です。アメリカ人を攻撃しないで、いつもアジア人ばかりを攻撃する日本人。差別が、今日も生み出され、拡大しているとするなら、きちんとそれに向き合い、素手で闘うべきなんだろうと、今日、思いを新たにしました。

夜の電車に揺られて帰ってきて、ブルーハーツの歌を聴きました。いつもよりも、気持ちに沁みました。