昨日へ     2002年12月18日   明日へ

ラブ

今日は、クリスマス会の日です。六年生15人が、あれこれともめながら、頭をひねりながら、企画しました。実のところパーティー系が大好きな担任(僕)ですが、何でも簡単に「いいよ」とは言わないので、みんな苦労をするのです。以前も書きましたが「一番めんどうくさい先生」とは、なかなか言い得て妙ですなぁ。パーティー系企画で、僕がいちゃもんをつけるのは、
・全員が楽しめるものか
・単に学習時間をだらだら時間にするものではないか
・何のためにするか
などです。正直言って、どうでもいいのですが、「やりたい」「はい、いいよ」という即答では、教育的じゃないので、勝ち取るための取り組みを要求するわけです。まあ、そんなすったもんだの結果、今日を迎え、みんなは大張り切りでした。
1時間目は、体育ということで、サッカー。「遊びでなくて、体育ということなら文句はないでしょ」という、担任を納得させる方法を取った彼らでした。サッカーと言っても、体育館でやるオリジナルルールの通称「キャラメルサッカー」。僕は、審判だけ。後は、みんながチーム分けから何から、進めました。みんなで、進めてきているので、全く文句なしです。いい感じです。
2時間目は、ホットケーキ作り。「給食のことを考えるんだよ」という担任の声もあったものの、「去年もやらなかったから、ぜひ!」というみんなの意思は堅かったです。みんなで買い出しに行く話も、話し合いの中では出ましたが、雪になっちゃったんで、僕が引き受け、まとめて買ってきました。これまた、準備も作り方も、片付け方も、自分たちであれこれ言いながら、うまい具合にやっていました。「冷めたらおいしくないから、焼け次第、分け合いながら、食べるといいよ」 結局、3時間目の途中までかかりました。
普段は、2時間目の後に、業間の20分休みがあります。授業時間が伸びたときは、ちゃんと休み時間を保障してきたので、こういう日も企画をリードしていたhちゃんたちが「じゃあ、今から休み時間にします。始まるのは、00分からです」なんて言っていて、しっかりしたもんです。それぞれみんな、トランプしたり、ごろごろしていたり。
4時間目は、コンピュータ。6年教室は、コンピュータ室に一番近いんです。この頃、コンピュータを使う学年が多く、みんな羨ましがっていました。僕はと言えば、何でもコンピュータでやるのがいいってわけじゃない!という考えなので、コンピュータ時間を、六年のみんなは確保したかったんですね。みんなそれぞれに、算数ソフトを試してみたり、インターネットで情報収集してみたり。これまた、僕は何も出番なしで、みんなきびきび。たいしたもんです。
自分たちで進める成就感は、あったみたいです。ああ、今日は今日で、みんなの成長って、あったなぁ。またまたみんなのことが、好きになったなぁ。
さあ、明後日は終業式。僕は、学期末のあれこれ仕事のまっただ中です。ふぅ〜

写真は、少年たちがはしゃぎながら作ってくれたハート型ホットケーキ「ラブ」です。ちなみに「ラブ」は、バター製なので、溶けそう。