昨日へ     2003年02月03日   明日へ

金曜日、僕は午後から年休で、僕がいない間に、六年生は学級会をしました。内容は、タイムカプセル作成計画。何を入れるか、いつ頃までに、持ってくるかなどを話したようでした。いつも僕は、休んだ次の日には、どんなことがあったか聞くんです。

いつものように討論にはならなかったのかなあと思ったら、やっぱり意見の対立があって、あれこれと話し合ったようでした。2011年3月6日か、2009年3月6日かで、もめたということでした。なんの日付かというと、いつみんなでタイムカプセルを開けるかというところです。少年たちの多くは、20歳になってから開けたほうがいいと主張したそうです。成人式があったり、お酒が飲めたりというところが、根拠でした。少女たちの多くは、18歳で開けることを主張しました。理由は、高校を卒業する頃なら、みんながまだ中新田にいると思うけど、20歳になると海外に行っている人がいるかもしれないということでした。なるほど。結局、珍しく、論議がまとまらず、多数決を取り、2011年になりました。ふむふむ。僕は、聞きました。「ところで、どうして3月6日なの?」「Tちゃんの誕生日が3月5日でしょ。3月6日なら、全員が20歳になっているでしょ」みんなが口を揃えて言うものですから、何だか僕はほろっとしそうでしたよ。ああ、いい人たちだ。

写真は、今朝の通勤路。伊場野の田んぼの道です。