昨日へ     2003年02月13日   明日へ

アメリカのアは、あきれたのあ。そんな感じのこの頃です。皆さんは、今の世界の政治状況を、どう見ていますか。

ある国がどんな危険を持っているか知りませんが、世界で最も危険で横暴で暴力的な国が、アメリカであることは、たぶん間違いありません。核兵器を持ち、拡散条約を無視し、化学兵器を持ち、クラスター爆弾のような民間人の殺戮を厭わない武器の開発に力を入れ、軍事衛星で各国のトラックの動きまでをも監視し、盗聴し、自分の思い通りに行かないときは、みんなで決めたことも簡単に無視し...。何でも、自分の思い通りに行くと思っているのでしょうか。自分が、正義だと思っているのでしょうか。いろんな意見を最も聞かない国と言えるかもしれません。僕は、怒りを通り越し、あきれてしまっています。

僕は、どんな戦争も起こしてはならないと思っていますので、戦争反対の声は、あげ続けていきます。明後日の日曜日、仙台で戦争反対のデモがあると聞きました。体調は万全ではないのですが、行ってみようと思っています。午後2時から、仙台市役所前の市民の広場・グリーンハウス前で集まるということです。いろんな人が集うと思います。あなたもよかったら、参加してくださいね。

しかしながら、戦争の放棄をうたう憲法を持っている国は、戦争回避を誰よりも強く訴えるべきなのに、なぜはっきりしていないのでしょう。きちんと独立した意見を持ってほしいものです。隣の国への干渉は、エスカレートするばかりですが、愛媛丸のことは、何とあっさりと「理解」し、許してしまえるのか、本当に僕は、不信感を増すばかりです。

写真は、2.08・東京は恵比寿の、首をかしげるビクターくんです。僕も首をかしげるこの頃です。