昨日へ     2003年02月19日   明日へ

今朝は、全校朗読朝会で始まりました。六年生は「低学年の先生みたいに、絵本の読み聞かせをする」というめあてで、準備をしていました。絵本は、長新太さん作・絵の「なにをたべたかわかる?」(銀河社刊)です。B5版よりも小さな本なのですが、それを四つ切の画用紙に、みんなで写して、本を作り、それぞれ分担して読みました。文は少ないので、各ページごとに、「これは、何だろうね?」とか、興味を引くための一言を入れることとしていました。みんな、なかなかいい感じでした。絵の登場動物も、それぞれ描いた本人に何だか似ていて、おっかしかったです。読み終わってから、中身をもう一度振り返る先生役が登場し、あれこれと問い掛け。そして、その後、一年生にその本をプレゼントしました。画用紙を重ねている本なので、一年生は、重くてふらふらしていました。そして、そんな姿を、温かい目で見ていた六年生。う〜ん、いい感じだったなぁ。「なにをたべたかわかる?」は、僕が大好きな本。本屋さんで見ることが、あんまりないのですが、もしよかったら、あなたも読んでみてくださいね。

写真は、2.08の上野動物園のゴリラくん。何を食べたか分かる?