昨日へ     2003年03月25日   明日へ

鳴子で目を覚ましたのは、いつものように5時過ぎでした。隣ではまだ眠っている人もいましたが、布団の中にいても仕方ないので、ついつい起きてしまいました。そして一人、お風呂に行きました。露店風呂に、一時間以上いました。来年度の学級通信のタイトルを考えたり、学習発表会の劇のアイディアを練りました。寝不足な体という自覚があるのですが、頭が動き始めて、止まろうとしません。ああ、ちよっと危険だなぁ。もう少し、スピードを落とさないと、崩れてしまうよと、一応自分自身に声を掛けました。

ご飯を食べて、少しのんびりしました。ホテルのロビーの新聞で、戸田慎一さんが学校現場に復帰したことを確かめました。ああ、ひとまずよかった。応援してくださった皆さん、ありがとうございました。研修命令取消し訴訟の控訴分と、国家賠償請求の裁判は、まだ続きます。今後も応援してくださいね。

また、転出する先生を乗せて、学校に戻りました。卒業式がうんと昔に感じられました。

昼から中学校で新入生の引き継ぎ会議があるので、書類を持ち、ついでに卒業アルバムも持って、行きました。担当の先生と、あれこれと引き継ぎましたが、やっぱりアルバムを持っていって正解でした。やっぱり顔があるほうが、スムーズでした。伝えやすかったです。

車で家に帰りました。ヒーターを掛けないどころか、窓を開けて運転しました。ああ、春だ。バイクに乗って、切り替えだ。そう感じながら、イースタンユースの新しいアルバムを、がんがん掛けました。

写真は、先日の仙台での一枚です。