昨日へ     2003年06月18日   明日へ

朝、5年生を見送りました。「イェーイェーイェーイェー、花山、ゲッツ!」です。心配した天気も、大丈夫。かえって蒸し暑いくらいだったかもしれません。

夕方から、僕は花山に行ってみました。合宿に行くだけでなく、渓流釣りで行くこともよくある、馴染みの花山です。いつものように、ツツジがきれいでした。森で聴く鳥たちの声は、うんと久しぶりでした。

きっと夕飯の片付けをしているところだろうと思っていたら、もう終わっていました。確か去年は、片付け方がだらしないグループがあって「こりゃあ! ここのグループの人は、どこだぁ!」って言っていたのですが、ちょっとぴっくりです。

花山合宿は、旧町内の小学校の合同行事になっています。グループ活動が基本になるのですが、そのグループも各校5年生の混成グループなのです。明日のキャンドルの集いのときにやる、スタンツの練習時間に、幾つかの部屋におじゃましたのですが、やっぱり僕が通う学校は人数が少ないので、少数派。いつもにぎやかな人が、びっくりのするほど静かにしていて、ちょっと心苦しかったです。涙があふれちゃう子を置いて帰るのは、しんどかったのですが、ん〜、きっと他の学校の仲間が助けてくれるからね。いろんな子に「おやすみ!」と声掛けながら、暗い道を帰りました。どうしようかなぁと思ったのですが、さすがにお腹が減ったので、北浦のあたりで、街道沿いのラーメン屋に入りました。にんにくをたっぷり入れて、味噌ラーメンをすすりました。まあまあおいしかったのですが、盛岡じゃじゃ麺が食べたくなりましたっけ。