昨日へ     2003年07月15日   明日へ

僕は、監視社会を心配しています。長崎の事件でも、アーケード街の監視カメラが、少年を特定しました。監視カメラは、実は街にはたくさんたくさんあって、僕は何だか嫌なんです。

仙台の中央通りには、50mごとくらいに設置されています。いろんなお店、いろんな交差点、踏み切りや、駅なんかにも、たくさんたくさんあります。かつてのイメージでは、モノクロでしたが、今は鮮明なカラーです。個人のコンピュータの性能がアップしているということは、業務用ならなお一層高性能になっていることでしょう。ハードディスク録画もしているのでしょう。特定の人物を追跡する装置もあるかもしれません。そもそも、あれって、誰が見ているんでしょう。

犯罪を防止するためにあるんだよ...と、誰かが言うかもしれません。じゃあ、その人は、自分の家の中に、自分の寝室に、カメラを設置するでしょうか。カメラに監視され続けることは、「安全」なんでしょうか。

監視・管理からの自由をきちんと守っていかなければ、いつの間にか、僕のプライバシー、僕の実体が、失われそうです。あなたは、どう感じますか、監視カメラの存在を。

昨日へ       明日へ