昨日へ     2003年07月30日   明日へ

今日も出勤です。今日も雨です。今日も松山町では余震があり、今日も加美町では(僕が通う学校のある町は、4月から中新田町から加美町に変わったんです。いわゆる合併です。)余震がありません。今日も少し寒いくらいで、僕は半そでTシャツの上に長そでシャツを着て、おまけにフリースのベストを着ていました。もちろん長ズボンです。お昼は、作ってきたサンドイッチを食べ、もちろん熱い紅茶。なかなか夏にはなりません。

...と、思っていたのですが、昼過ぎから、やけに蒸し暑くなってきました。ベストを脱ぎ、長そでを腕まくりし、そして半そでになりました。少しだけ青空っぽいぞと雲を凝視していたら、そのあたりから雲が溶け始めて、本当に青空になりました。久しぶりに船形山の輪郭を見たなぁと感動したら、お日さままで調子に乗って出てきました。とたんに、まるで田んぼに水が入ったら一斉に鳴き出すカエルくんたちのように、セミたちが歌い出しました。こりゃ、夏だ! 地震でうつうつしていた僕は、梅雨明け宣言です。学校帰り道、むんむんと湯気の上がる道を走りながら、気持ちを切り換えることができそうに思いました。さあ、新しい季節がスタートするぞ!

家に帰って、風呂に入り、上がって外に出てみました。隣の家のアンテナで、カラスが後ろを振り向いていました。

昨日へ       明日へ