昨日へ     2003年08月10日   明日へ

朝起きて、長崎に行かないことになったんだから、何かしよう、どこかへ行こうと思いました。天気は、いいようです。

信州・白骨温泉を考えました。以前、行ったけれども、まだ開いていなくて、待ち切れず、入らなかったんです。そのときは「次回の課題だ」と思ったんです。温泉と言えば、草津です。温泉フリークを自称する僕ですが、有名な温泉・草津温泉には行ったことがないのです。いつも行かねば!と思います。けれども、いわゆるお盆休みで、あちこち渋滞が予想されます。「伊豆はいいよ!」と聞いたので、ぽんと伊豆に行ったところ、迂闊にもお盆休み。散々でした。あの二の舞いは、ごめんです。

じゃあ、食べ物で考えよう。ぱっと、宇都宮の餃子を思いました。高速道に乗らず、国道4号線も走らず、阿武隈高地の小さな道をくねくね行って、ビジネスホテル泊にして、食べて飲んで、帰ってくる...なかなかいいアイディアです。でも、それなら、1100ccのジーサンバイクよりも、225ccのセローくんのほうがいい。でも、セローくんは、現在自賠責切れ。手続きをしてから出掛ける...と、思ったところで萎えました。

そうだ! 釣りだ! ずっと渓流釣りをしていない! いやはや、台風一過で、濁流です。

バイクじゃなくて、釣りじゃなくて、まとまった時間があって、常日頃やりたくてもできなかったこと...そこで、ぱぱっとまとまったプランが浮かびました。歩きです。

先日、下北半島をバイクで走りました。学生時代に歩いたことを振り返りました。あの頃のあの情熱をもう一度! 一歩一歩歩いたところを、でっかいバイクで、快適に通過してしまうことを、少し卑下したんです。ブルジョワじゃん!と、軽蔑したんです。若い頃の強さを、ハングリー精神を、取り戻すのは今だ! 家から鳴子まで歩き、その翌日は新庄まで。その翌日は、酒田まで。毎日50kmくらい。鳴子からは、陸羽東線か連れ合いぴよさんの車で戻ってきて、家泊。新庄では、宿泊として、荷物はなるべく軽装で。

思い立ったら、すぐです。朝ご飯を食べ、8時に家を出ました。台風一過の晴天です。

松山町の家を出て、野田橋で鳴瀬川を渡りました。堤防沿いの径が気になりました。やっぱり、車の行き交う道よりは、快適です。堤防沿いに歩きました。ところが、どうも遠回りのようです。まあいいやと、行きました。結局、古川市・敷玉に出ました。田んぼの道を行くと、いっぱいドジョウたちがいました。新江合川を渡り、合同庁舎への堤防砂利道を歩きました。古川市・中里のかつて暮らしたアパートを眺め、市立病院前を通って、国道の交差点に着きました。

あれっ?と、感じ始めたのは、そのあたりからです。いつも心配な膝は、元気なのですが、お尻から腿の後ろ側あたりが、筋肉痛なのです。いかにも運動不足のためという感じ。脚を後ろに蹴るための筋肉運動を疎かにしているためでしょう。僕は、気合いを入れるために、歩道橋をぴょんぴょんと登りました。

東北道の古川インターで、鳴子まで30kmという表示がありました。時速5kmなら6時間。時速4kmなら8時間弱です。何とか、真っ暗になる前に着いて、滝乃湯に入り、生ジョッキをぐいっとやって、陸羽東線で帰りたいと思いました。それまで、自粛していたMP3プレイヤーで音楽を聴きがら、歩きました。

やばい!と、感じたのは、岩出山の牛乳工場のあたりからです。疲れて、座って、立つときに、うまくスムーズに立てないのです。鳴子や鬼首に向かう行楽客の自動車、帰ってくるバイク。僕は、キャップを目深に被り、かっこ悪く少しずつ少しずつ歩きました。岩出山のコンビニには、知っている高校生がいるかもしれない。会えば元気になるかもしれない。そう思いながら、歩きました。コンビニに高校生はおらず、僕は鳴子まで歩くことを、思い切って断念することにしました。

断念してから、岩出山駅までが、遠かった。断念してしまうと、一気に元気は萎えるものです。役場前の近道を通り、猫に会い、ちょっとうれしくなってカメラを向けたら、すぐにどこかへ行ってしまい、よくないほうよくないほうに、考えが向きます。せめて陸羽東線の鳴子温泉行で鳴子に行こうと思いました。このまま帰るのは、あまりにもふがいない。けれども、鳴子温泉駅から滝乃湯に歩いて行けるだろうか。不安になりました。そもそも、脱衣場で、うまく靴下が脱げるだろうか。

家に電話をして、連れ合いぴよさんに小牛田駅に来てもらうことにしました。小牛田行の陸羽東線。僕は、ふがいない敗北の選択をして、帰りました。岩出山到着が、2時。ほんの6時間・30kmで、リタイアです。

年を取ったとは、考えるべきでないと思っています。運動不足です。運動しなければなりません。年をとるほど、一層運動が必要なんです。そしてまた、メンタル面で、甘くなっているんじゃないかと、思いました。便利な機器に甘えてはいないか、便利なシステムに溺れてはいないか、便利な生き方に人間の生き方を見失ってはいないか...反省反省の今日でした。

写真は、古川の田んぼと船形山です。

昨日へ        明日へ