昨日へ     2003年10月25日   明日へ

学習発表会が、終わりました。まずまずよかったです。みんな、頑張りました。ああ、終わってしまったって感じ。昨日の練習の最後に「もうジイダ・ジイダ・マカナ!の練習は、一回もしないよ。明日の本番で、ジイダ・ジイダ・マカナ!は、おしまいだよ。今日の調子で明日もよろしくお願いします。今まで、私の厳しくっていじわるな言い方に、へこんだり、無視したりしないで、よく付き合ってくれました。どうもありがとうございました」と、挨拶をしたのですが、ああ、本当に終わってしまったよ、という感じ。

僕は、オープニングで一二年生サポートでギターを弾き(世界に一つだけの花)、五六年生の音響調整をしながら、エンディングでギターを弾き(情熱の薔薇)、ずっとお客さんを眺めつつ、過ごしましたが、ん〜、五六年生のみんなの姿は、なかなか心を打ったみたいです。感謝です。ああ、終わったなぁ。

夕方から、職員のボーリング大会がありました。そして、飲み会。9時の陸羽東線で帰るとき、古川駅で歌っている青年がいました。自動販売機で缶ココア買って、渡してきました。もらうと嬉しいから、あげるんです。そして、あげるとこちらも、嬉しい気持ちになる。

駅で、岩出山のときの小学生(現在高校生)が、「あっ、先生」って声を掛けてくれました。彼女は、エスカレーターの下で、どうやら彼氏と別れを惜しんでいた模様。なっな〜るほどねっ。

ゆっくり走る陸羽東線。暗い窓の向こうで、たくさんの人が笑ったり、泣いたり、眠ったり、眠れなかったりしているんだなぁと、考えました。

写真は、劇「ジイダ・ジイダ・マカナ!」での一シーン。僕は、音響仕事で手いっぱいで、M先生に撮ってもらいました。感謝です。

昨日へ        明日へ