昨日へ     2003年12月09日   明日へ

学校帰りの四輪車。ニュースを聴こうと思って、NHKに合わせたら、小泉首相の声でした。イラク派兵を閣議決定した記者会見でした。編集しているニュース番組ではなく、ライブで聴くのは、大切だと感じました。

「お金を出すだけではいけない」と、小泉首相は何度も言っていました。自衛隊でなければできないと、何度も繰り返していました。僕は、やっぱり納得できません。小泉首相が、日本国憲法前文を引用したのには、驚きました。

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
紅いところは、僕の強調。ピンクは、小泉首相の引用。

改憲しようとしている人が、憲法を引用するということ、しかも憲法に違反する行為と言われることを決定したという会見で...というのは、何ということだろう!と、驚きました。「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」ということを、派兵のために使うとは、まるで「いつか来た道」じゃないですか!

武力を放棄するって、とっても勇気がいることです。話し合いの可能性を諦めないということ。「日本は、武力ではなくて、話し合いで解決する勇気ある国だ」と、認められることこそ、日本国憲法の下で仕事をする内閣の閣僚とくに総理大臣には自覚してもらいたいものです。

いずれにしても、イラク派兵は、日本が本当に戦争をすることになってしまうので、反対です。そして、それは小泉首相の引用したところの日本国憲法に違反します。いじめは、いじめるのもよくないけれど、見過ごしたり、見て見ぬふりをするのも、いじめ。僕は、見て見ぬふりや、長いものに巻かれる自分ではいたくないと思ってます。

写真は、2002年7月28日。苫小牧発仙台行フェリーの甲板で歌ったときの1枚です。ああ、すっかり町角で歌っていない僕です。歌うことは、いっぱいあるのに...。

昨日へ        明日へ