昨日へ     2003年12月18日   明日へ

通信簿の提出日です。締め切り日を、間違えて記憶していたので、パニックに陥りながらも、何とかしました。やれやれ、余裕を持って過ごすことがなかなかできないですなぁ。わざわざ振り返りませんが、きっとこれまでの日記に、同じようなことを何度も書いているはずです。

今日は、国語の時間に宿題作りをしました。冬休みの宿題として、みんなで漢字プリントを作ったんです。B6の紙を一人ひとりに渡しました。5班・5人というグループになっているので、各班で2年生に習った漢字担当、3年生のとき担当、4年生、5年生、6年生と分担しました。それぞれ10問は書いてねってことにして、ヒントとか、イラストとかも加えることにしました。みんな、なかなか楽しい感じのプリントを作り、僕はそれをB4版の紙に印刷しました。やっぱり、担任が一方的に作って渡すよりも、温かくていい感じになりました。こういうのって、一人じゃできないことなんだよなぁ。みんなに、感謝です。

退勤時刻ぴったりに学校を出て、家に帰り車を置いて、駅に自転車で走りました。仙台で、恣意的な長期特別研修をなくす会の例会があるのです。電車の中で、ここのところいつも仕事をしていました。でも今日は、やめました。少しゆったりとしたほうがいい。すごく久しぶりに買ったMacの雑誌を眺め、仙台に着きました。

例会は、仙台市市民活動サポートセンターで。途中の広瀬通には、踏みつぶされた銀杏の匂いが立ちこめていました。僕も、それらを踏んでしまったので、例会の部屋に銀杏の匂いを持ち込んでしまいました。食べるのは、いいんだけど、匂いだけだと、好きではないです。

例会では、これからのことについていろいろと話し合いました。裁判支援のこと。教員管理システムのこと。私たちは、学者でも弁護士でも政治家でもない市民なので、地に足の着いた、暮らしの現場に根差した活動をしていきたいものだと、感じています。

9時にセンターを出て、小走りに駅に向かい、9時半頃にあると思っていた列車がなかったので、ついつい缶ビールを飲んでしまった夜でした。

写真は、11.23の夕張での1枚です。シホロカベツ川の滝。警察署のところから撮りました。夕張は、もうすっかり真っ白な世界でしょう。

昨日へ        明日へ