昨日へ     2003年12月23日   明日へ

忘年会の二次会の最後までは付き合わず、1時すぎに布団に入りました。目をつむり、目を開けて時計を確認すると4時でした。しばらく我慢をしました。これでは、睡眠不足だ。...けれども、5時には起きて、風呂に行きました。誰もいない風呂で、ゆっくり浸かり、部屋に戻って着替えてから、すぐ宿を出ました。滝の湯の前の坂道を、たったと走り、6時7分の陸羽東線に乗りました。一つだけ困ったことがありました。髪の毛を結ぶゴムをどこかでなくしてしまったのです。長い髪はそのままに、フェルトの帽子を被り、ロングコートを来た僕は、国語の教科書載っている物語「サーカスのライオン」のようでした。かなりうっとうしい。

ちなみに当然辺りは真っ暗です。風のせいか、それとも辺りの宿などに配慮してか、陸羽東線の気動車は、ゆるゆるとゆっくり走りました。

夕方のような朝が来ました。古川で陸羽東線を降り、新幹線に乗りました。仙台で降りて、改札内のコンビニで、髪を結ぶゴムを買いました。奮発して駅弁を買いました。MAXやまびこに乗り、駅弁を食べて、僕は大宮まで眠りました。やっぱり睡眠は大切です。

東京に着いたのは、10時前。僕は、どうしようかと迷いつつ、本屋でMac雑誌を立ち読みして、場所の確認をしました。アップルの直営店が銀座にできたんです。有楽町で京浜東北線を降り、歩いていきました。銀座3丁目に、アップルストアを見つけ、入りました。

できれば、原稿レイアウト仕事や、写真・ポスター編集仕事をする自分のために、でっかいモニターと速いMacを買ってあげたいのです。ちょろちょろといじりました。けれども、当然ですが、買い物はしません。アップルストアには「ジーニアス・バー」という相談窓口があります。僕は、ギターの音を入力・編集したくて以前買ったPro Tools LE 6.01というソフトのことを相談しました。起動しようとしても「DAEデッキを作成できません」というアラートが出て、おしまいになっちゃうんです。今日もiBookを背負っていたので、見せながらの相談。でも、結局解決には至りませんでした。担当して下さった方に感謝を述べて、店を出て、僕は日比谷公会堂に向かいました。

今日は、教育基本法改悪反対集会があるんです。開場前だったので、並びました。とってもたくさんの人が集まり、いろんな声が聞こえました。たくさんの人が、いろんなビラをまいていて、たくさんの署名を集めていました。会場で、恣意的な長期特別研修をなくす会のメンバーと会いました。参加者はめちゃくちゃ多くて、4000名くらい。立ち見はもちろん、公会堂に入れない人もいっぱい出たくらいです。

教育基本法を改悪させてはいけないよ! たくさんの人が、発言をしました。2分くらいずつ、どんどん発言していくんです。知っている人もいました。僕が今まで知らなかった活動をしている人がいるんだぁ!と、思った人がいました。とくに在日コリアンの中学生の女の子の話には、うんと勇気をもらいました。かっこよかったなぁ! 呼びかけ人のお話は、どなたも簡潔にまとまっていて、すっきりと胸の中に入ってきました。ああ、要約するのも難しいくらいです。風刺コントグループ・ニューズペーパーのコントには笑いました。とくに、小泉首相の登場には、笑いました。う〜ん、あえてどんな様子だったかは、伝えづらいです。だから、またどこかでニュースペーパーに演じてもらうのが、一番ですね。呼びましょう(上の写真は、そんなコントの場面です。後ろに座っているのは、発言者の人たちです。)教育基本法を改悪させては、いけないよ!

全く飽きることなく、4時まで集会が続きました。その後、デモ。僕はいつものように熊鈴を腰に下げて、町に出ました。しかしながら、5000名に膨らんだデモは、なかなかスムーズには進みません。有楽町のビルの谷間を、みんなでゆっくりと歩きました。暗くなってきて、ネオンが光って、6時過ぎにやっとデモの終着点に着きました。いやはや、さすがに疲れました。

教員が集まって、会議をするというので、行ってみました。全国で、皆さんそれぞれに闘っています。僕も発言をしました。やっぱり、いろんなところに行くこと、いろんな人に会い、いろんな話を聴くということは、大事です。結局、最終電車に遅れないように、会議を途中で抜けて、東京駅に走りました。お弁当とビールを買って、席に着き、BECKの0巻を読みながら食事をしました。昼ご飯を食べていなかったので、ほっとしました。車内販売で、ワンカップを買って、飲みました。ふぅ〜っと、ため息です。

仙台で、今度は缶チューハイを買って飲み、最終電車で松山町に着いて、自転車でふらふらと家に戻ったら、もう明日でした。ああ今日も長い一日でした。今朝が鳴子だったなんて、思えないくらいです。

昨日へ        明日へ