昨日へ     2004年02月05日   明日へ

今日は、56年生が養護学校交流会に行く日です。春に一度、そして冬にもう一度という計画なんです。いつものように、わいわいと言いながら町のバスに揺られ、養護学校に行きました。

今回は、前回とは違い、各教室に分かれての活動です。僕は、カメラを持って、それぞれの教室を覗いて回りました。ボーリングをしたり、魚釣りだったり、手遊びだったり、いろいろです。写真は、そんな中の1シーンです。

終わりの会で、56年生が校歌を歌い、みんなの名前を呼びながらエールを送ることになっていました。どんな感じかなと思って見ていたら、なかなか堂々としていて、ああいい人たちだぁって感じましたよ。これからも、誰とでも平らに付き合える人であってほしいです。見下したり、へつらったりする人にはなってほしくありません。ああ、そうこうしているうちに、卒業なんだよなぁ。

夕方から、地域の方とお話をする時間がありました。人を支えているつもりが、支えられていたりして、何というか、人の世界は捨てたもんじゃないんです。感謝です。

昨日へ        明日へ