昨日へ     2004年02月06日   明日へ

僕の近くで、ある方が亡くなりました。僕は、それを昨日知り、ショックを受けました。まだ若い方です。僕は、今日、お線香をあげに行きました。二度ばかりおじゃましたことのある玄関で、「遅くなりました」と頭を下げて上がりました。昨日が告別式だったんです。今日祭壇を片付けたんですと、落ち着いた声でお話しされるのを聞きました。お茶を頂きながら、いろいろとお話をしました。皆さんが、落ち着いてらっしゃって、ほっとしました。

存在がなくなるということは、とても大きなことです。もう取り返しはつかない。だから、これからを一所懸命生きていかなくてはと、胸にそして遺影に誓いました。ご冥福をお祈りします。

今日の月は真ん丸でした。薄く雪が舞い、ミルク色の月は、少し寒そうです。昨日、僕の近くで、ある命が誕生し、昨日の朝は嬉しい気持ちだったけれど、その一方で命が失われていた...。今もまた、どこかで命がこと切れ、また産声が響いていることでしょう。

写真は、1/16の七つ森の夕焼けです。

昨日へ        明日へ