昨日へ     2004年03月05日   明日へ

今日は、とうとう6年生を送る会の日です。教室の黒板の上に貼っている予定表には「卒業まであと何日」が記してありますが、とうとう10日。これまでの紫色のカウントダウンは、ピンク色に変わりました。

6年生を送る会は、体育館で行われました。6年生、入場。6年生は、ステージの席に着きます。1年生から4年生までの出し物。5年生は、先日挑戦状で予告していた通り、6年生と「牛乳パック切り競争」「ぞうきん掛けレース」「計算問題競争」「長縄何人跳べるか競争」です。ああ、楽しかった。結果は、僅差で6年生の勝ちでした。「負けんなよ!」と言いながら、6年担任の僕は、内心(来年のためには、5年生に勝たせたいなぁ)とも思っていましたよ。

全体でのゲームは、借り物競争ならぬ「借り人競争」。縦割り班のチームごとに、6年生の中の「明るい人」とか「こつこつ努力する人」を借りるゲーム。チームごとに、おせんべいをもらうので、みんな夢中でした。ああ、楽しかった。

そして、縦割り班ごとに、お茶タイム。輪になって、お茶を飲み、おせんべいを食べました。1年生から5年生が6年生への感謝を話し、6年生は心を込めて作った写真付きの手紙をひとり一人に渡しました。ああ、いい時間だったなぁ。(写真は、そんな中での1枚です。)

次に、6年生の出し物。傘の上で牛乳パックを回し、皿回しをし、「燃焼系燃焼系アミノ式!」で縄跳びをして、方言コントがあり、方言の昔話、なぞなぞコントの後、6年生当てクイズ。ある意味とても今の6年生らしい出し物でしたなぁ。

アーチを作り、6年生退場。ああ、いよいよさようならの始まりだぁ〜。

夕方からは、教職員組合の会議。またしても、町の調理員さんの減員の話が出ていて、何とかしなくてはという会議。町であった昨日の会議の報告も受けながら、すぐにしなくちゃいけないと、あれこれと知恵を絞りました。5時半からの会議は、8時半まで。町合併を機に、人の暮らしがどんどん乱暴に扱われるようになっていて、僕は腹を立てています。

昨日へ        明日へ