昨日へ     2004年05月07日   明日へ

今日は、郡内小中学校の教員研修会の日。四時間授業です。何となく慌しい感じですが、やらねばならないことがあったんです。隣の教室のr先生が来週から産休に入るんです。三年生のみんなは、r先生に手紙を書きました。A4の紙に書いたものを僕が本にしました。みんなの温かい言葉を見ながら、転勤するときの手紙はこれから何度かもらうことはあるかもしれないけど、産休に入るときにもらう手紙って一生手にすることはないのだろうと、当たり前かもしれないけど、そんなことに気付き、寂しいような、ないものねだりじゃん、みたいな気持ちになりました。

教員研修会の合間を使って、職員旅行をどうしようと相談したり、同僚先生の似顔絵を描いたりしました。まあ、そういう意味では、有意義だったかな? 専門部会は、美術図工部会。去年に引き続きです。今年は、のんびり楽しみたいものです。研修を終えて、田んぼ道を、歩いててくてくと学校に戻りました。実は、隣の学校から歩くって初めてのことでした。なるほど、こんな風景の道を、中学生は自転車で通っているんだね。少し汗ばむ日差し。でも、爽やかな風。僕は、いいことをしたときみたいな気持ちになりました。

学校からM先生の車に乗せてもらって、古川。産休壮行会のレストランに向かいました。着く時間が早過ぎて、近くの店をぶらぶら。そして、レストランへ。

産休壮行会と代替歓迎会。フランス料理で、雰囲気ブラボー。いつものハイテンション・アットホーム・フレンドリーでした。ああこりゃ全部カタカナ英語だ。フランス語じゃあないねっ。

朝同様、ぴよさんの車に来てもらって、帰りました。水の入った田んぼでも、産休に入ろうとするカエルたちが、いっぱいいっぱい歌っていましたっけ。

写真は、産休に入る先生に3年生が手紙をプレゼントしたところです。

昨日へ        明日へ

はじめのページ