昨日へ     2004年07月03日   明日へ

今日は、授業参観の日。だから、学校に行きます。授業参観は、午後からなのですが、3学年はPTA行事を今日の午前に予定しているので、一日中、特別DAYなのです。

3学年のPTA行事は「秘密基地作り」。職員はみんな、僕が決めたんでしょと言っていましたが、違いますよ。保護者の皆さんが相談し、保護者の皆さんからアイディアが出て、そりゃあいいねと決まったんです。役員さんが、活躍して、保護者の皆さんんちから、稲くいや、ワラ、竹、ブルーシートなどが、どんどん集まったんです。一二時間目は、普通の授業だったものの、子どもたちもわくわく。「あっ、○○ちゃんちのお母さん来たよ」と忙しいのです。

さて、秘密基地作りです。昨日の学級通信で保護者の皆さんには、こう伝えていたんです。「子どもに楽しいことをさせるよりも、大人が楽しみましょう」って。全くその通り。お父さん方が、脚立を立て、相談しながらも手際よく「せぇのぉ!」と声掛け合って、柱を立て、それはそれはすごいんです。

子どもたちは、ぶらぶらしそうだったので、のこぎりを持ってきて、竹の枝落とし。これが、上手く行ったり行かなかったりで、なかなかよかったな。「大人は、5秒で切れちゃうよ。わらしこたちはまだまだじゃな」と言ったら、それはそれはムキになって頑張る子どもたち。要領のいい子は、アドバイスをしたりして、よかったのぉ。

さて、骨組みが出来、竹の枝をひもで結んで、葺いていきます。結ぶ練習をしていて、よかったな。みんな、参加しました。その合間に、麦茶を用意していたので、子どもたちが「お茶が入りました」と、冷たい麦茶を大人に渡していきます。これ、ゲートボール場で経験しているので、まあほどほどに慣れている感じかな?

何だかんだと言いながら、結局昼にはできちゃいました。感動! 設計図通り! まさかこんなにばしっとできるとは、思っていませんでした。ちょうどお昼なので、親子でお弁当を食べました。外の木陰、そしてさっそく「秘密基地」の中で。

予定では、PTA行事補助金で、役員さんがアイスを人数分買ってくることにしていたんです。でも、ある保護者の方が、かき氷機を持ってきてくださって、みんなでかき氷。お昼休みで、他の学年の子たちも来て、わいわい。困ったなぁ、全校児童分の氷はないよなぁと思い、「一年生は、3年生になったら、食べるんだよ」なんて言っていました。でも結局、保護者の方が「せめて、一二年生だけでも」ということで、結局一二年生もご馳走になりました。最後の一人でぴったり氷がなくなって、いゃあぎりぎりセーフ!

5時間目は、本当は教室で「普通の授業」だったんです。前回の授業は、音楽でわいわい。今回は「しーんと集中していたり、手を挙げていたりするのも、見たい」という要望に応える予定でした。けれども、子どもと大人も、もうそんな雰囲気じゃなくて、いやはやどうしよう。

大人の皆さんと相談して、結局「秘密基地」で国語をすることにしました。16人の子どもが国語の教科書を手に、秘密基地に入り、物語の音読。担任の僕は、基地の玄関から中を覗きながら「○○ちゃんの読み方が、とてもはっきりしていて、いいよ」などと、意欲付け。保護者の皆さんは、子どもたちの顔が見えるところ(日なた)で、授業参観。

ある保護者の方は「まるでバリ島の授業って感じだね」「○○先生(僕です)じゃなかったら、こういうのは、ないよね」「いい思い出になったよ」とのことでした。さすがに、音読だけでは一時間は難しいので、最後にはリコーダーで「どじょっこふなっこ」の演奏をしました。

参観授業を終え、保護者も子どもも、みんな体育館。PTAの専門委員会が警察の生活安全部の方を呼んで、いわゆる不審者対策の講演だったんです。大人にも子どもにも...って、なかなか難しいのですが、それにしても、いろいろ考えさせられた講演でした。

警察の方は「役場はどこ?と、聞かれたときは、知っていても、絶対に知らないと言いなさい」と言います。「道を尋ねるなら、普通は大人に聞きます。子どもに聞く人は必ずへんな人ですからね」とのこと。知っていても「知らない」と言わなければならないとは、何とも辛いこと。そしてまた、バイクの旅で、子どもたちに道を尋ねていた僕は、やっぱり「不審者」以外の何者でもないようで、ああこれでいいのか?と感じましたよ。きっと「それくらい大変な状況なのです」とか「もしものことがあったら、どうするんです!」とか、きっと言われるんだろうと思いつつ、その一方で「誰にでもきちんと挨拶を」なんていうのを聞くと、僕の疑問は膨らみます。僕と同じように感じていた人は、少なくなかったようですが...

講演後、体育館で3年生はさようなら。でも、その後、まだまだあります。学級懇談会。一学期のこと、夏休みのこと。まんず、役員の皆さんそして保護者の皆皆さん、ありがとうございました!

6年生が今日、学校に泊まるということで、僕は付き合おうかとも思いましたが、そしていっぱい「泊まっていってね」と声掛けられましたが、今日は帰ることにしました。いい夕焼けを見ながら、やれやれ長い一日じゃったのぉ。

写真は、保護者の方に撮っていただいた参観授業風景です。

昨日へ        明日へ

はじめのページ