昨日へ     2004年07月31日   明日へ

父さん母さん、メロン、届きました。ありがとう。どうせ、まもなく夕張を訪れるのだから、送ってくれなくってよかったんだけど、やっぱりありがとう。メロンが嬉しいというよりも、気持ちが嬉しいんだろうな。その逆もやっぱり嬉しいのだろうから、僕もきっと何かを贈りますね。

父さん母さん、僕たちは二人で、列車で向かおうと思っています。僕はバイクで、連れ合いぴよさんは飛行機で...という話もありました。フェリーという選択肢も、いつものようにありました。けれども、今回は二人で列車で向かいますね。青春18切符で、とことこと揺られていきます。

バイクで行っても、結局父さん母さんとバイクに乗るわけには行かないので、きっとあまり乗れません。ならば、いっそ、バイクが疾走する北海道の夏ですが、僕は半ズボンと缶ビールの夏と、割り切ろうと思っているんです。独りでない時間の過ごし方が、結構貴重にも感じられる夏なものですから。

もう少しで、息子が帰ります。父さん母さん、待っていてくださいね。おやすみなさい。

写真は、7/28の加美町小野田・薬來山の向こう側、そば処駒庄に咲いていた花。僕の印象は、ニッコウキスゲなのですが、色はオレンジではなくて、薄紫。妖艶な感じでした。ちなみに、色麻に出張で、お昼に一人、おそばを食べに行ったんです。

昨日へ        明日へ

はじめのページ