昨日へ     2004年10月22日   明日へ

子どもたちと話していて、ふと「へぇ〜」って思うことって多いです。それって、こちらで目論んでいたわけじゃないこと。普段着の「大人」には匂いすらしなさそうなこと。だから、僕は、子どもたちと一緒にいる時間は、いつも尊いと感じるのです。

今日、こころの残ったのは「血の味って、なんか大人の味だよね」という3年生のことば。何の話の中で、そういうことばが出たか忘れてしまいました。なるほど「大人の」だなんて、大人には言えないセリフだよ。

昨日へ        明日へ

はじめのページ