昨日へ     2005年03月03日   明日へ

学校を出て、四輪車で仙台に向かいます。今日は、東北大学有朋寮の裁判そして署名提出などの行動日だったんです。夜から、県民会館で佐賀大学の豊嶋耕一さんの講演会。ここのところ、仙台に行くことばかりで、行かないかなぁと思っていたのですが、やっぱり闘いには連帯・支援が必要。朝、連れ合いぴよさんに「やっぱり行ってくるね」と言って、夕方から仙台行きです。

宮城県民会館に着いたときには、もう集会は始まっていました。豊嶋耕一さんは、国立大学独立法人化阻止全国ネットワーク事務局長だったんですね。うんうんと頷くことしきりでした。カリキュラム編成に当たって、計画作りのための計画作りに、多くの時間を費やされ、何のための何なのかと思うという話には、ああ小学校と同じだと思いました。

僕も学校現場の教員として発言する機会をもらいました。天皇制はなぜ問題なのかって話題。たとえば元号のこと。

僕は、元号を使いたくないんです。なぜって、僕の時間を「天皇が天皇になってから何年目か」なんて数え方で過ごしたりしたくないから。僕の人生...僕が誕生した年、初めて自転車に乗れた年、家を出た年、恋人ができた年、就職をした年...そんな軌跡を、「天皇が天皇になってから何年目か」なんかで記憶したくないんです。「僕が生まれたのは、ヒトラー15年です」とか「就職したのは、小泉5年だよ」とか、ちょっと変な感じしませんか? 西暦が絶対ってわけじゃないけど、でも「天皇が天皇になってから何年目か」で過去・現在・未来を過ごしたくないんです。

学生がほとんどだったので、ついついアジテーションっぽくなっちゃって反省です。ああおしゃべりなんだから、も〜。

写真は、今日の算数での一コマ。箱作りです。こういうときって、卓球台がなかなか有効ですな。

昨日へ        明日へ

はじめのページ