昨日へ     2005年03月04日   明日へ

六年生を送る会の日です。

3年生は、少し僕に似ています。何かできるようになると、披露したくなっちゃうんです。歌もそうです。逆立ちができるようになってもそうです。牛乳早飲みなんかも「見て見て」なんです。僕もそういうところあります。楽器なんかとくにそうです。

さて、34年生の出し物は、ピタゴラスイッチ+αです。わーっ!と入ってきて列になります。お尻向けて一列です。端っぽの人から一人ずつ「イェー!」って言いながら180度ターンをしていきます。ポーズを決めて、動かないんです。一人ずつ進んでいって、全員揃ったところで、みんなで「イェー!」 

そして「6年生スイッチ! おじいちゃんも可!」に進みます。これは、NHKの教育テレビ「ピタゴラスイッチ」でやっている「おとうさんスイッチ おじいちゃんも可」の6年生版なのです。少し説明をしましょう。テレビでは、お父さん(おじいちゃんも可)と息子(または孫)が出てきます。息子は、スイッチを持っています。スイッチには、文字が書かれています。「し・しょ・じゅ」という具合です。息子が「お父さんスイッチ、し」と言ってスイッチを押すと、お父さんが「し」で始まるもの・ことの動作をするんです。たとえば「し」なら、胸を急に押さえてびっくりした顔をして「しョックをうける」とアナウンスが入るって具合です。

今回は、「6年生スイッチ! おじいちゃんも可!」なので、34年生が動作をします。出し物なので、その動作が何かを当てるという展開にしました。「そ・つ・ぎょ・う」というスイッチにしました。34年生がその動作(あらかじめみんなて話し合って決めました)をします。「そ」は、「そそぐ」でした。まあ簡単。「つ」は、「釣りをする」これも簡単。「ぎょ」は、「行儀が悪い」 これは難しかったな。「う」は、「馬跳びをする」 これは簡単。「6年生スイッチ! よくできました」で一段落。

次に、「アルゴリズム体操」です。これも「ピタゴラスイッチ」の中でゃっているものです。みんなで練習したんです! 保護者のOさん、CD貸してくださり、大変ありがとうございました。ひとまず、34年生がします。次に「アルゴリズム体操! 6年生と一緒!」とみんなて言って、縦割り班の6年生を連れてきて、みんなでやりました。えっ?練習してたんじゃないの?ってくらい、6年生もうまいことできて、楽しかったな。他の学年の人(とくに5年生)が「一緒にやっていい?」と聞きにきます。「もちろん! やってやって!」の即答です。

「アルゴリズム行進」ってのもあります。これもまずは、34年生でやります。次に、巨大さいころを転がして、でた数字の班の6年生も混ぜてやりました。なかなか盛り上がって、よかったよかった! 

次に、ぱっと隊形を変えて、歌です。「グッデーグッバイ」です。ああ、さすがの34年生! 天使の歌声は健在です。ワンチーム・ワンサウンド!は、しっかり身に付いています! 歌って、送る言葉言って、おしまい。感動だな。

一年生の手紙も泣けたなぁ。二年生の部活紹介は成長を実感。五年生のダンスそして会の進行もよかったです。ああ、少しずつ少しずつ、卒業が近づいてきます。

今日は、連れ合いぴよさんの帰りが遅いので、学校帰りに三本木のとんかつ信ちゃんで豚カツを食べ、三峰荘で温泉に入ってきました。ああ、うんと久しぶりの温泉でした。ぴよさんを待たせていないので、えらくのんびりしました。サウナは、5分・10分・15分コース。たっぷり汗もかきました。垢もいっぱい落とし、すっきり! やっぱり温泉がmy best リフレッシュです!

写真は、6年生を送る会の「アルゴリズム体操・6年生と一緒!」です。

昨日へ        明日へ

はじめのページ