昨日へ     2005年03月18日   明日へ

卒業式です。

僕は、BGM担当なので、ステージ脇の放送室です。卒業生は、ステージにいるので、よく見えません。でも、保護者席はよく見えます。保護者の向こうに、在校生がいます。証書授与の前に、例年と同じように、保護者の方にこれまでの感謝を述べていきます。僕のところからはよく見えないんです。全く聞こえないんです。でもね、保護者の方が、唇を震わせる様子はよく見えます。ハンカチがあっちでも、こっちでもです。他の子の言葉にも、うんうんと頷いている保護者席のみなさん。ああ、卒業ですねぇ。

本当は、証書授与が終わったら、職員席に行く予定でしたが、昨日チェックしたはずのマイクの調子が悪いんです。行ったり来たりするのが嫌なので、狭い部屋にそのままいました。

別れの言葉。僕は、職員席に戻りました。子どもたちのことばを聞きます。歌を聞きます。ああ、心こもってるよ! そして職員の歌「旅立ちの日に」 今年は卒業学年担任じゃありませんから、余裕かな?と思いました。顔を上げて歌いました。ふと、3年生のほうを見ました。すると、でっかい目でこつちを見ています! ぐぐっと来ました。やばい。目をそらし、天井を向いて歌いました。ああ、僕は本当に3年生のみんなのことが好きなんだなぁ。

卒業式が終わり、3年生と教室に戻ります。紅白餅を渡して、みんなに言いました。「今日ね、すごく感動した。君たちには人を感動させる力があるよ。あたたかくて、やさしい人たちだ。それでね、いいよ」「えっ?」「言っていいよ、信用するから」「えっ? ひょっとして...」ざわざわしました。「花いっぱい運動のときね、がっかりしたんだよ。人の話も聞けない、失礼な人たちだって。でもね、君たちは成長したよ。もう大丈夫だって、思う。信じてる。だから、もう言っていいからね」 みんなの中から、声にならないような声がします。「さあ、もう帰ろう」

何のことかと言えば、僕のニックネームのこと。他の学年の人たちは、僕のことをよくニックネームで呼びます。○っ○ーって。でも、3年生は禁止だったんです。それを、今日解禁したんです。さようならした後で、僕はすぐに卒業式会場の後片付けに行かなくてはなりません。教室から体育館に戻ろうとすると、ある子が呼び止めるじゃないですか。「せんせいっ! せんせいっ!」「ん? なぁに?」「ふふっ、○っ○ー...じゃあねっ!」 初めからニックネームで呼べばいいのに、こっちもまた「ふふっ」という気持ちになりましたよ。

4年生5年生と会場片付けをしました。いゃあ、みんな働く! その後、ホールで6年PTA主催の「卒業を祝う会」です。お弁当を食べながら、6年生とおしゃべりしました。保護者の方のお話、前担任した先生方からのメッセージ紹介。みんなの小さい頃の写真を見たり...。記念の色紙と薔薇を頂きました。一言話す時間を頂きましたが、担任じゃないので長くは話しません。みんな成長したってこと・保護者の方がうんうん頷いていた証書授与はよかったってこと・中学校は楽しいよってこと、話しました。祝う会がお開きになって、保護者の方に「担任してもらいたかったです」と言われ、とても嬉しかったです。何よりです。感謝です。

卒業生と保護者の方を送り、職員室で仕事をしました。何となく取るもの手に付かずなのですが、仕事は山積しているんだなっ! ちなみに去年の今日、この午後に海外青年協力隊のパンフレットを手にして、海外生活の芽が一気に伸びたんですけどね。

夕方から、人事に関する内示がありました。卒業式が終わり、そろそろ春からのことも動き始めるんです。

さて、学校から家に戻り、電車で仙台に向かいます。恣意的な長期特別研修をなくす会の活動を共に進めてきた学生が就職し、仙台を去ることになったんです。それで細やかながら送別会。少ない人数ではありましたが、居酒屋で呑みました。二軒行きました。あれこれ話して、呑んで、最終電車。ちょいと呑みすぎましたなぁ。でも、いっぱいめでたいので、よいでしょう! 新たな旅立ちに幸あれ!

写真は、11日に来てくれた中学2年生。例によって腕相撲。危なく負けるところでした。ああ、時間の問題かもしれないなぁ...。今年の卒業生も遊びにきてね。

昨日へ        明日へ

はじめのページ