昨日へ     2005年08月13日   明日へ

今日は、前々任校の同窓会です。蔵王町です。当初は、電車とバスで向かう予定でしたが、連れ合いぴよさんが送迎してくれるということで、お願いしました。行きは、僕が運転です。

東北道の下りは渋滞でしたが、上りは大丈夫。懐かしい道をずんずん行きました。少し早くに着いたので、かつてよく行った温泉を眺め、かつてよく釣りに行った川を眺めました。

同窓会の会場も、懐かしい宴会場。雨の中行くと、「わぁあ、先生!」って言われて嬉しかった! 「誰だか、分かりますか?」と言われて、ん〜ごめん! 分かんなかった...。苗字を聞いて、ニックネームがでてきてほっとしました。みんな21歳ともなると、大人です。「女の子」が「女性」になっているんで、おじさんドキドキです。ドキドキなので、分からなくなっちゃうんです。みんないい感じ! 「去年より、ずっと〜、きれいに〜、なった〜」(「なごり雪」より)って感じ。

ロビーにいて、何となく「ん?」と感じるのは、僕がもたらしているだろう緊張感です。やばい!と感じつつ、少し寂しい。僕は、みーんなと友だちみたいに話せるつもりでいながら、隔たりが感じられるんです。

会が始まり、みんなの姓名は分かるけど、ニックネームを忘れてしまったよと話しました。変わらない人もいれば、なっつかしい言い方!って人もいました。かつてのことを聞きます。すると、僕が怒るときの話が多いんです。イライラしていたよとか。殴ったりしないけど、本を叩いてたとか。忘れ物をしてきて怒られたとか。僕は、どんどん辛くなりました。

思い起こしてみると、そうだなぁと頷きます。あの頃は、イライラしていた。だいたい「こういう実践をした」みたいに上げられることが、浮かばないんです。そう言えば、他の学年の人の顔や名前も覚えていません。今もまだまだなのですが、あの頃は本当に若輩者だった。反省し、みんなに「ごめんね」って言いっ放しでした。

地元で暮らしている人が思いのほか多く、しかも「蔵王、最高!」って言っているのを聞いて、そりゃあいい!と感じました。遠く離れて、仕事をしている人もいます。仕事の苦労を聞きました。うんうん分かるよ。でも、あわてないんだよ。話してくれて、ありがとうね。

僕は、ギターを持ってきていました。あれこれと弾いて歌うのは、頼まれなくてもするところですが、何だか「おこりっぽい先生」って話にやられちゃって、士気が上がりません。もうお開きになるって手前で、みんなの小学生の頃の学級写真を印刷したものを配り、そして弾かせてもらいました。あの頃は、まだギターではなかったんです。だから「アコーディオンは?」って言われて、嬉しかった! そうだね、あの頃、アコーディオンを弾いていたよ。曲は、奥田民生「イージューライダー」。飲んだんで、よくない声だった。もう一曲リベンジと思ったけど、悪いからやめました。

みんなで写真を撮りました。49名卒業のうち19名の参加。一週間前に声を掛け始めたのに、これだけ集まるって、すごいです。そして、呼んでくれたことに感謝感謝です。本当に、どうもありがとうね。これからも嫌がらずに、声掛けてください。

雨の中、車で待っていてくれたぴよさんに運転してもらい、帰りました。あの頃は、若輩者だったと思い返しながら、今はどうだろうか?と思いました。自分では、みんなと意志の疎通を取っているつもりでいながら、そうじゃないってこと、きっとあるんじゃないかなぁ。独りよがりじゃない? あれこれと、落ち込む感じの帰路でした。反省し、そして2学期から新たな気持ちで仕事をしよう! そんな反省の夜でした。

写真は、長崎での一枚。平和資料館の手前の木陰で、ねこがきもーちよさそうに眠っていました。...そう言えば「太ったー」とも言われましたっけ。嫌な気にはならず、とても意外な一言。ああ、僕の昔を知っているんだぁーと、感謝かな。髪の毛を伸ばし始めたあの頃。確かに、おじさん初期。あえて言うなら、こじさんだったなぁ。今は、すっかり中年ど真ん中ストライクのおじさんなんだけどね。

昨日へ        明日へ

はじめのページ