昨日へ     2005年08月31日   明日へ

ウルトラマンは、即決だからヒーローなのかもしれない。

そんなことを考えました。ウルトラマンは、正義なんです。そして、怪獣は悪。それは、もう決まってしまっていて、揺るぎないものなんですね。もしもウルトラマンが、怪獣を即座に倒さず(殺さず)に、「君、どうしたんだい?」と怪獣に話しかけたり、「なるほど」と頷いたり、相談に乗ったりしたら、きっとヒーローじゃなくなると思います。聞いたり、考えたり、他の人に意見を求めたり、討論して新たな解決の道を見出したり...そういうことをしないから、ヒーロー。「正義」も「悪」も揺るぎなく、即座に対応、即座に解決!

さて、国政選挙まっただ中ですが、小泉首相はひょっとすると、ウルトラマンなのかもしれない。「正義」も「悪」も揺るぎなく、即座に対応、即座に解決! ヒーローなんです。時間掛けて相談をしたり、いろんな人の意見を聞くなんて、面倒くさいことはしない! 

「マドンナ旋風」という風が吹いたかつての土井たか子社会党。土井さんも似たような感じを持っていました。「ダメなものは、ダメ!」 でも、小泉首相とは全然違う。なぜでしょう? それは、きっと立っている場所、向いている方向が、全く逆ということでしょう。

僕たちは、速いことを「よい」と感じがち。だから、いろんな視点から考えること・いろんな人の気持ちに思いを巡らせることを、さぼりがちです。表面の下、現在の前そしてその後、いろんな視点を失ってはならないぞと、自分に言い聞かせるこの頃です。

そんな僕、ブリーチ2回目です。

今一つパンチが効かないというか、やった!って感じじゃなかった前回のブリーチ。まあ一週間くらいたったので、もういっちょ行ってみましょうというわけです。2回目となると、慣れたもんです。全部均一は嫌で、あっちこっちムラんなっているほうが、僕的。左の上あたりに薬をいっぱい付けて、待ちます。すると、前回とは違い、さすがにぐんぐんと髪の色が変わっていきます。シャワーして、鏡見て、ほっほー! こりゃあ、誰が見ても「色が変わったね」って感じですね。

高校生のとき、5分刈り頭の額の隅を、カミソリでちょりちょりとほんの少し「ソリ」を入れたときの「ぼくって、不良じゃん」っていうワクワク感がよみがえりました。ふー、人生楽しまなくちゃねっ。

写真は、8/07の広島・宮島の山のてっぺんに登ったときの一枚です。夏ですなー。まだ髪の毛は、白黒ね。

昨日へ        明日へ

はじめのページ