昨日へ     2005年09月26日   明日へ

今日は、「桃太郎」脚本披露の日。

朝になって、また気になるところがあり、直しました。急いで印刷して、学校に向かいます。6年担任のW先生に読んでもらいます。そして、5時間目に、台本作りということになりました。

6年生教室に、5年生と6年生。劇のめあてについて、ざっと話します。そして「題名は、桃太郎です」と言ったら、みんな「えーーー!」 ニヤリとする僕。「はい、そっちから紙を取って、ホチキスで止めます」と素知らぬ振り。紙を取りながら「えっ? 女王の教室?」という声。とりあえず、つかみはOKというところでしょう。みんな製本したところで、僕が通読。まあ、一人芝居ですな。そして、明日、キャストを決めることを伝えて、おしまい。はー、いよいよスタートです。

学校帰りに、レンタルCDビデオ屋さんに行きました。劇で使う曲探しです。階段を登ったら「先生!」の声。見ると、前任校の保護者Sさん。...っと、おー! 隣には青年になった中学生! でかくなったなー! かっこよくなったなー! 弟たちも、もう小学生なのねっ! びっくり! 感動! にやにやとはにかむ彼が、階段を下りるとき、うーんと手を振ってくれて、嬉しかった。ありがとうさんです。

写真は、9/13の1枚。ラストプールの5年生ジャンプです。載せる時季を逸してしまって今日です。

昨日へ        明日へ

はじめのページ