昨日へ     2005年11月06日   明日へ

北海道で目覚めた僕は、今日は東京に行くのです。

10時の飛行機で千歳を発ちます。7時にそそくさと支度をしました。連れ合いのぴよさんが、携帯電話でタクシーを呼びました。父さん母さんに、タクシーで行くことを告げて、手を振りました。孫と眠っていた姿はとても幸せそうで、僕は少し羨ましかったな。

タクシーは、大麻駅に着きました。札幌まで電車に揺られます。空港行きの快速に揺られながら、まさに北の大地を大地と感じます。苫小牧にフェリーで上陸したとき、バイクで走る苫小牧の国道は、片側4車線で真っ直ぐ伸びていて、「北海道に来た!」と実感させてくれますが、千歳空港に向かう電車から見る恵庭あたりの風景も「北海道だ!」と感じさせてくれます。

空港で搭乗手続きをしました。今回は、スムーズです。仙台行きと違って大きな機体なので二階席にしました。考えてみると、羽田行の飛行機は物心着いてから乗っていないのではないでしょうか。少なくとも、大人料金で乗るのは初めてです。

今回は年休を取って北海道に来ているので、5年生へのおみやげを買います。いつもの「わかさいも」。小樽ガラス屋さんで、ちっちゃいものクラブの新入りとして柴犬を買いました。これは、ラッキー記念ですね。新しくなった千歳空港のお店。一階の「朝市食堂」で朝食を取って、飛行機に乗り込みました。

飛行機に乗ったらすぐに、羽田です。新しい空港。モノレールに乗り、浜松町。帰りの新幹線の切符を買って、日比谷に向かいました。労働者集会があるんです。野外音楽堂に入る前に、明日から始まる母さんの個展のために、花屋さんで花を注文しました。日比谷の日比谷花壇。おおっ本物って感じじゃんと思いました。

集会は、もうすっかり始まっていて、僕は遅刻です。ちょうど東京の教育労働者が発言しているところでした。ああ今回もたくさんたくさんの人が集まっていました。心配していた雨がぽつりぽつりと来ましたが、みんな元気です! 東北から来た仲間と会いました。障子紙で作ったのぼりを立てました。クレヨンで作ったのぼりは、いい意味にも悪い意味にも「手作り!」って感じでした。

雨の中、デモに出ます。やっぱり、デモは大切です。意見を同じくする仲間だけで、訴え合っていても広がらないです。知らない誰か、意見を異にする明日の仲間に向けて発信しなくては、自分たちから発して自分たちに帰ってくるだけですもん。だから、銀座を、有楽町を、東京駅前を、歩くのは大切。雨で辛かったけどね。デモの終着点で、アメリカや韓国の労働者と握手しました。闘う仲間の繋がり合いが、希望を殺さないのです。インターナショナルですなっ。

東京駅で沖縄屋さんを見つけました。うれしかった。沖縄そばのタレを買いました。新幹線はやてで、すとーんと東北に戻りました。ああ、今日も長い一日だったね。

写真は、日比谷の「団結、頑張ろう!」です。

昨日へ       明日へ

はじめのページ